国際ボクシング機構

国際ボクシング機構(こくさいぼくしんぐきこう、英:International Boxing Organization)は、プロボクシングの王座認定団体。略称はIBO。いわゆるマイナー団体に分類される。

国際ボクシング機構
International Boxing Organization
略称 IBO
設立 1988年
設立者 ジョン・W・ダダノ
種類 ボクシング組織
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州コーラルゲーブルズ英語版
会長 エドワード・レヴァイン
ウェブサイト https://www.iboboxing.com/
テンプレートを表示

歴史

1988年にジョン・W・ダダノ氏により設立され、1992年イリノイ州で法人格の認可を得た団体で、1996年フロリダ州に移転し法人格の認可を得た団体である。1999年の会長就任以来エドワード・レヴァイン氏が会長を務めている。王座認定団体としては、主要4団体(WBAWBCIBFWBO)に比べマイナーなボクシング団体となっているが、数多くの有名ボクサーがタイトルを獲得している。

マイナー団体で日本ボクシングコミッション(JBC)から認められていないが、日本人選手としては 2012年5月12日ウクライナキエフ州ブロヴァルィー淵上誠が、2013年3月30日モナコモンテカルロ石田順裕が、いずれもゲンナジー・ゴロフキンのWBA世界ミドル級王座に挑戦した際、同じく保持していたIBO王座も懸けられていた(敗戦のため獲得ならず)。

各階級の呼称の多くはJBCと一致するが、リミット154ポンドスーパーウェルター級は「ジュニアミドル級」、リミット140ポンドのスーパーライト級は「ジュニアウェルター級」、リミット108ポンドのライトフライ級は「ジュニアフライ級」、リミット105ポンドのミニマム級は「ストロー級」と、一部異なっている。

JBCや他の世界王座認定団体では試合の際のボクシンググローブは、ウェルター級以上が10オンス、スーパーライト級以下が8オンスを使用するが、IBOではジュニアミドル級以上が10オンス、ウェルター級以下が8オンスを使用する。

ユース世界王座オーバーエイジ容認)や女子世界王座、ラテンアメリカ王座、地中海王座、アジア太平洋王座、全米王座、インターナショナル王座、インターコンチネンタル王座も設置しているが、これまで暫定王座を懸けた世界戦の実施例はない。世界ランキングは100位まで発表している。

認定王者

国際ボクシング機構からは 1993年頃より認定チャンピオンが生まれ始めた。有名選手では以下のようなチャンピオンがいるが、主要4団体との掛け持ちがほとんどである。

現王者

階級 王者 獲得日
ミニマム級   アヤンダ・ンドゥラニ (RSA) 2021年5月21日
ライトフライ級 空位
フライ級 空位
スーパーフライ級 空位
バンタム級 空位
スーパーバンタム級 空位
フェザー級 空位
スーパーフェザー級   ミッチェル・マグネッシ英語版 (ITA) 2020年11月27日
ライト級   マキシ・ハッガス (GBR) 2021年9月4日
スーパーライト級 空位
ウェルター級   ダニヤル・イェレウシノフ (KAZ) 2021年12月18日
スーパーウェルター級 空位
ミドル級   ゲンナジー・ゴロフキン (KAZ) 2019年10月5日
スーパーミドル級   レロン・リチャーズ (GBR) 2021年12月18日
ライトヘビー級 空位
クルーザー級   ジャック・マッシー (GBR) 2021年11月26日
ヘビー級   オレクサンドル・ウシク (UKR) 2021年9月25日

関連項目

外部リンク