ワールドラクロス(World Lacrosse)はラクロスを統括する国際競技連盟。2008年に国際ラクロス連盟(ILF)と国際女子ラクロス協会(IFWLA)が合併する形で誕生した[1]。設立はニューヨークで、本部はコロラドにある。2018年11月、東京でのIOC理事会で、IOC承認団体に暫定承認[2]。2019年5月に国際ラクロス連盟(FIL)から名称変更された[3]

歴史編集

国際ラクロス連盟(ILF)編集

国際ラクロス連盟(International Lacrosse Federation、ILF)は1974年に設立され、男子世界選手権やU19世界選手権を主催していた。

国際女子ラクロス協会編集

国際女子ラクロス協会(こくさいじょし - きょうかい International Federation of Women's Lacrosse Associations IFWLA)は女子ラクロスを世界に普及していた競技団体。1972年に設立。2008年に国際ラクロス連盟(ILF)に吸収合併される形で国際ラクロス連盟(FIL)となった。

加盟当初はオーストラリアイングランドスコットランドウェールズアメリカ合衆国であったが、後にデンマーク香港カナダ日本チェコドイツニュージーランドも加盟している。主に女子ラクロス・ワールドカップとU-19世界選手権の開催を運営されている。いずれも4年毎の開催である。

本会員としてイロコイ連邦(ホーデノショーニー、Haudenosaunee)が加盟しており、世界で初めてファースト・ネーション先住民族)を認知した国際競技団体となった。

加盟国・地域編集

本会員編集

  オーストラリア
  オーストリア
  バミューダ諸島
  カナダ
  中国
  チェコ
  デンマーク
  イングランド
  フィンランド
  フランス
  ドイツ
  香港
  アイルランド
イロコイ連邦*1
  イスラエル
  イタリア
  日本
  韓国
  ラトビア
  オランダ
  ニュージーランド
  ノルウェー
  スコットランド
  スロバキア
  スペイン
  スウェーデン
  スイス
  チャイニーズタイペイ
  タイ
  トルコ
  アメリカ合衆国
  ウェールズ

準会員編集

  アルゼンチン
  ベルギー
  ブルガリア
  コロンビア
  コスタリカ
  クロアチア
  エストニア
  グアテマラ
  ハイチ
  ハンガリー
  ジャマイカ
  ケニア
  マレーシア
  メキシコ
  ペルー
  フィリピン
  ポーランド
  ポルトガル
  プエルトリコ
  ロシア
  セルビア
  シンガポール
  スロベニア
  ウガンダ
  • 1 ホーデノショーニー(Haudenosaunee)という名称・表記を使用することもある。またイロコイはイロコワ(仏語読み)、イラコイなどとカナ表記されることもある。

その他、新興地域会員の種別もある。

主催大会編集

脚注編集

  1. ^ Logue, Brian (2008年8月13日). “ILF, IFWLA Merge to Form FIL”. US Lacrosse. Lacrosse Magazine. 2008年11月13日閲覧。
  2. ^ Logue, Brian (2018年11月30日). “Welcome to the World: IOC Recognizes FIL” (英語). US Lacrosse Magazine. https://www.uslaxmagazine.com/fuel/international/welcome-to-the-world-ioc-recognizes-fil 2019年3月5日閲覧。 
  3. ^ Mackay, Duncan (2019年5月5日). “Lacrosse launches new name and logo at SportAccord Summit as continues Olympic push”. Inside the Games. https://www.insidethegames.biz/articles/1078855/lacrosse-launches-new-name-and-logo-at-sportaccord-summit-as-continues-olympic-push 2019年5月5日閲覧。 

外部リンク編集