国際公使館包囲戦

国際公使館包囲戦は、1900年、義和団の乱の最中に清国首都北京で起こった。反キリスト教反外国人農民運動である義和団に脅かされ、主にヨーロッパ、日本、アメリカからの軍人、水兵、海兵、民間人900人と中国のキリスト教徒約2,800人が北京の公使館街に避難してきたのだ。八カ国同盟天津に侵攻した後(1900年)、清国政府は正式な宣戦布告をしないまま、義和団側についた。清国軍と義和団による55日間の包囲を、公使館街にいた外国人と中国人キリスト教徒は生き延びた。この包囲網は、中国沿岸から進軍してきた国際軍によって破られ、清軍を撃破し、北京(現在の北京)を占領した。この包囲は『ニューヨーク・サン』紙によって「文明に知られる最もエキサイティングなエピソード」と呼ばれた[1]

Siege of the International Legations
the Boxer Rebellion
Siege of Peking, Boxer Rebellion.jpg
I'll Try, Sir!: American troops scale the walls of Peking, with the Fox Tower in flames. Depicted is trumpeter Calvin Titus who first climbed the wall and was later awarded the Medal of Honor.
June 20 – August 14, 1900
(55 days)
場所Peking, China
座標: 北緯39度54分11秒 東経116度24分06秒 / 北緯39.90306度 東経116.40167度 / 39.90306; 116.40167
結果 Allied victory
衝突した勢力
Eight-Nation Alliance:

[[ファイル:Template:Country flag alias Qing dynasty|border|25x20px|Template:Country alias Qing dynastyの旗]] Chinese Christian refugees
清の旗 China
Yìhéquán
指揮官
[[ファイル:Template:Country flag alias UKGBI|border|25x20px|Template:Country alias UKGBIの旗]] Claude MacDonald
[[ファイル:Template:Country flag alias UKGBI|border|25x20px|Template:Country alias UKGBIの旗]] Alfred Gaselee
[[ファイル:Template:Country flag alias UKGBI|border|25x20px|Template:Country alias UKGBIの旗]] Edward Seymour
ロシア帝国の旗 Nikolai Linevich
ロシア帝国の旗 Yevgeny Alekseyev
ドイツ帝国の旗 Alfred von Waldersee
大日本帝国の旗 Fukushima Yasumasa
大日本帝国の旗 Yamaguchi Motomi
アメリカ合衆国の旗 Adna Chaffee
清の旗 Ronglu
清の旗 Prince Duan
清の旗 Dong Fuxiang
清の旗 Ma Haiyan
清の旗 Ma Fulu 
清の旗 Ma Fuxiang
清の旗 Ma Fuxing
Cao Futian
Zhang Decheng 
戦力
51,755
51 warships
About 160,000 Qing Army and Boxer soldiers
被害者数
Approximately 2,500 Approximately 15,000

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Thompson, Larry Clinton. William Scott Ament and the Boxer Rebellion: Heroism, Hubris, and the Ideal Missionary. Jefferson, NC: McFarland, 2009, pp. 1, 83–5