国際年齢評価連合

国際年齢評価連合(こくさいねんれいひょうかれんごう、: International Age Rating Coalition、略称:IARC)とは、デジタル配信されるゲームコンテンツのレーティングを目的として各国のレーティング機関によって設立された国際組織である[1][2]

国際年齢評価連合のロゴ

概要編集

2013年から開発者のレーティング取得プロセスを簡素化するための独自のIARC評価プロセスを導入しており、これはコンテンツに含まれる要素をアンケート形式で回答し、それを機械的に各国の評価基準と照らし合わせることでレーティングを産出するものである[1]。同団体はこのプロセスによりしばしば越境行為のなされるデジタル配信におけるレーティングの負担が軽減されるとしている[3]

2013年のLondon Games Conferenceにおいて北アメリカのESRB、EUのPEGI、ドイツのUSK、オーストラリアのACBなど、各国のレーティング機関による世界規模の連携に向けた取り組みとして発表された[4]2014年8月にはACBにおいてIARCによる機械的な評価プロセスを受け入れる改正がなされている[5]

日本ではMicrosoftストアが当初から採用しており、2020年10月からはニンテンドーeショップで配信されるダウンロードソフトの一部で採用を開始している[6][7]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b About the International Age Rating Coalition” (英語). IARC. 2020年10月30日閲覧。
  2. ^ Mark Serrels (2014年3月20日). “The Government Is In The Process Of Changing How We Classify Games” (英語). Kotaku. 2020年10月30日閲覧。
  3. ^ James Pinnell (2014年3月27日). “The IARC explained, and why you should care: How streamlining classification will change the culture of games censorship”. games.on.net. 2014年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月30日閲覧。
  4. ^ Brendan Griffiths (2013年11月24日). “New International Age Ratings System Launching Worldwide Next Year”. Dealspawn.com. 2018年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月30日閲覧。
  5. ^ Luke Reilly (2014年9月1日). “Getting Digitally-Distributed Games Classified in Australia to Be Cost-Free” (英語). IGN. 2020年10月30日閲覧。
  6. ^ 任天堂,「IARC汎用レーティング」による年齢区分を行ったソフトの国内配信を開始。CEROレーティングマークなし”. 4Gamer.net (2020年10月8日). 2020年10月30日閲覧。
  7. ^ レーティングマークについて”. 任天堂. 2020年10月30日閲覧。

外部リンク編集