国際新鋭囲碁対抗戦

国際新鋭囲碁対抗戦(こくさいしんえいいごたいこうせん、国际新锐围棋对抗赛)は、囲碁中国韓国日本台湾の若手棋士による交流戦。当初は中国の呉玉林六段、韓国の許壮会八段の提案による交流試合として1994年に開始。1997年に中国と韓国による中韓新鋭対抗戦として開始され、2000年から日本を加えた3国、2004年から台湾を加えた4国による国際新鋭対抗戦となる。1チーム8名による団体戦で行われる。

開催地は各国持ち回りで、中国囲棋協会韓国棋院、日本では緑星囲碁学園を中心とした国際新鋭囲碁対抗戦実行委員会、台湾棋院などが主催する。2010、14年は、杭州ソウル東京台北による四城市囲碁新鋭対抗戦として開催。2012、16年はジャスラック協賛により日本棋院で開催。

成績編集

回次 年度
/開催地
/優勝賞金
順位 チーム 勝敗 選手
1 2000 1位 韓国A 3-0(18-6) 安祚永睦鎮碩、李延宇、姜至省、趙漢乗、安永吉、李煕星、朴鋕恩
ソウル 2位 日本 2-1(15-9) 結城聡山下敬吾高尾紳路秋山次郎金秀俊溝上知親河野臨、鈴木嘉倫
3位 韓国B 0-2-1(8-16) 崔哲瀚元晟溱、尹赫二、金主鎬朴永訓宋泰坤、朴升哲、趙惠連
4位 中国 0-2-1(7-17) 古力謝赫、楊一、王檄牛雨田、張東岳、張学斌、李康
2 2001 1位 中国 3-0(18-6) 孔傑、古力、胡耀宇黄奕中邱峻劉星、謝赫、王尭
北京 2位 韓国 2-1(15-9) 姜至省、韓鐘振、朴正祥、朴永訓、崔哲瀚、元晟溱、宋泰坤、朱亨煜
3位 日本 1-2(9-15) 溝上知親、中野泰宏、金秀俊、鈴木嘉倫、山田拓二、松本武久瀬戸大樹、望月研一
4位 北京 0-3(6-18) 楊一、王檄、王洋、李劫、李昴、彭筌、付沖、陳耀燁
3 2002 1位 中国 3-0(15-9) 孔傑、古力、黄奕中、彭筌、胡耀宇、邱峻、王洋、陳耀燁
扶安郡 2位 日本 2-1(12-12) 河野臨、溝上知親、秋山次郎、中野泰宏、林漢傑、蘇耀国、鶴山淳志、金秀俊
3位 韓国A 1-2(11-13) 趙漢乗、朴永訓、安永吉、崔哲瀚、元晟溱、朴正祥、宋泰坤、尹畯相
4位 韓国B 0-3(10-14) 金主鎬、李載雄、許映皓白洪淅、朴進率、洪性志李映九姜東潤
4 2003 1位 韓国 3-0(16-8) 安祚永、趙漢乗、朴永訓、元晟溱、姜至省、金主鎬、朴正祥、許映皓
天津 2位 中国 2-1(17-7) 古力、孔傑、胡耀宇、彭筌、邱峻、謝赫、李喆、陳耀燁
3位 天津 1-2(9-15) 牛雨田、李康、張学斌、張東岳、薛磊、呉鍇、張立、騰程
4位 日本 0-3(6-18) 河野臨、鶴山淳志、張豊猷、林漢傑、瀬戸大樹、大場淳也、井山裕太、望月研一
5 2004 1位 韓国 3-0(18-6) 宋泰坤、朴正祥、金主鎬、元晟溱、尹畯相、李映九、洪性志、姜東潤
江原道 2位 中国 2-1(14-10) 彭筌、劉星、牛雨田、李喆、陳耀燁、古霊益、薛磊、騰程
3位 日本 1-2(11-13) 秋山次郎、溝上知親、河野臨、蘇耀国、中野泰広、金秀俊、潘善琪、安斎伸彰
4位 台湾 0-3(5-19) 林至涵陳詩淵夏大銘蕭正浩林書陽、周尹南、張凱馨、楊孟允
6 2005 1位 韓国 3-0(18-6) 朴永訓、趙漢乗、宋泰坤、元晟溱、李延宇、李映九、姜東潤、陳時映
東京 2位 中国 2-1(17-7) 孔傑、胡耀宇、彭筌、劉星、王尭、王洋、李喆、古霊益
3位 日本 1-2(11-13) 羽根直樹、山下敬吾、河野臨、溝上知親、蘇耀国、金秀俊、瀬戸大樹、井山裕太
4位 台湾 0-3(2-22) 周俊勲、林至涵、陳詩淵、夏大銘、蕭正浩、林書陽、周平強、周尹南
7 2006 1位 中国 3-0(21-3) 謝赫、孔傑、朴文尭、陳耀燁、周睿羊、李喆、古霊益、藍天
北京 2位 韓国 2-1(12-12) 宋泰坤、許映皓、高根台、洪性志、姜東潤、金志錫、陳時映、朴承華
3位 日本 1-2(10-14) 潘善琪、井山裕太、松本武久、張豊猷、黄翊祖、鶴山淳志、三谷哲也、山田晋次
4位 台湾 0-3(5-19) 周俊勲、林至涵、陳詩淵、蕭正浩、林書陽、夏大銘、周平強、周尹南
8 2007 1位 中国 3-0(20-4) 孔傑、陳耀燁、李喆、周睿羊、古霊益、張維、柁嘉熹、藍天
江原道 2位 韓国 2-1(15-9) 李映九、姜東潤、白洪淅、金志錫、韓尚勲、朴承華、陳時映、崔基勲
3位 日本 1-2(10-14) 井山裕太、黄翊祖、林漢傑、瀬戸大樹、望月研一、村川大介、安斎伸彰、李沂修
4位 台湾 0-3(3-21) 林至涵、陳詩淵、蕭正浩、林書陽、夏大銘、張凱馨、楊孟允、余正麒
9 2008 1位 韓国 2-0-1(15-9) 李映九、洪性志、白洪淅、金志錫、姜儒澤、朴志娟李瑟娥
東京 2位 中国 2-1(16-8) 陳耀燁、柁嘉熹、古霊益、時越、孫力、藍天、李赫宋容慧
3位 日本 1-1-1(13-11) 井山裕太、黄翊祖、瀬戸大樹、村川大介、鶴山淳志、林漢傑、向井千瑛石井茜
4位 台湾 0-3(4-20) 林至涵、陳詩淵、蕭正浩、張哲豪、劉耀文、林立祥、廖冠泓、蕭愛霖
10 2009 1位 中国 3-0(21-3) 陳耀燁、李喆、古霊益、柁嘉熹、郭聞潮、汪涛、李赫、宋容慧
杭州 2位 韓国 2-1(15-9) 金志錫、朴廷桓韓尚勲、姜儒澤、金炯佑、李春揆、李瑟娥、金美里
3位 台湾 1-2(7-17) 陳詩淵、蕭正浩、林書陽、王元均、張原栄、黄丞毅、簡立宸、張正平
4位 日本 0-3(5-19) 井山裕太、李沂修、安斎伸彰、瀬戸大樹、林漢傑、大場惇也、謝依旻、石井茜
11 2010 1位 ソウル 3-0(18-6) 朴廷桓、金志錫、姜儒澤、陳時映、李泰賢、羅玄、李瑟娥、崔精
台北 2位 杭州 2-1(16-8) 陳耀燁、李喆、古霊益、時越、汪涛、厳歓、宋容慧、王晨星
3位 台北 1-2(7-17) 陳詩淵、林至涵、林書陽、蕭正浩、林立祥、簡立宸、陳峰、黒嘉嘉
4位 東京 0-3(7-17) 安斎伸彰、黄翊祖、村川大介、三谷哲也、内田修平、鈴木伸二、奥田あや、下坂美織
12 2011 1位 中国 3-0(19-5) 李喆、時越、連笑、汪涛、厳歓、楊鼎新、唐奕、於之瑩
済州島 2位 韓国 2-1(17-7) 朴廷桓、姜儒澤、金庭賢、李志賢、李泰賢、羅玄、金美里、崔精
3位 台湾 1-2(6-18) 蕭正浩、林書陽、林立祥、林修平、林君諺、丁少傑、張原栄、蘇聖芳
4位 日本 0-3(6-18) 村川大介、三谷哲也、李沂修、内田修平、富士田明彦、謝依旻、奥田あや
13 2012 1位 韓国 3-0(17-7) 李映九金昇宰李志賢羅玄、申眞諝、申旻埈、崔精、呉侑珍
東京 2位 中国 2-1(17-7) 連笑、李銘、李欽誠、劉宇、夏晨琨、馬如龍、宋容慧、李小渓
100万円 3位 台湾 1-2(8-16) 陳詩淵蕭正浩林書陽夏大銘林立祥、林修平、黒嘉嘉、党希昀
4位 日本 0-3(6-18) 安斎伸彰、金沢真、富士田明彦、伊田篤史、余正麒、一力遼向井千瑛藤沢里菜
14 2013 1位 中国 3-0(20-4) 党毅飛、李軒豪、唐韋星連笑、李銘、李欽誠、劉宇、於之瑩高星
杭州 2位 韓国 1-1-1(13-1) 羅玄、黄宰淵、韓昇周、申眞諝、偰玹準、崔暎讃、崔精呉侑珍
10万元 3位 日本 1-2(9-15) 伊田篤史内田修平志田達哉鈴木伸二富士田明彦金沢真藤沢里菜、新井満涌
4位 台湾 0-2-1(6-18) 周尹南、王元均林君諺林書陽、楊博崴、林修平、党希昀、蘇聖芳
15 2014 1位 ソウル 3-0(18-6) 羅玄、李東勲、申眞諝、韓昇周、申旻埈、金真輝、崔精、呉侑珍
台北 2位 杭州 2-1(16-8) 柯潔連笑楊鼎新、李軒豪、李欽誠、夏晨琨、於之瑩、高星
40万NTドル 3位 東京 1-2(11-13) 伊田篤史志田達哉、寺山怜、平田智也、藤村洋輔、小山空也、藤沢里菜、木部夏生
4位 台北 0-3(3-21) 蕭正浩、王元均林君諺林立祥林書陽、陳祈睿、蘇聖芳、蕭愛霖
16 2016 1位 中国 2-1-1(17-7) 黄雲嵩李欽誠童夢成辜梓豪、夏晨琨、謝科於之瑩宋容慧
東京 2位 韓国 1-1-1(12-12) 安成浚、閔詳然、宋知勲、黄宰淵、朴硬根、偰玹準、呉侑珍金彩瑛
100万円 3位 日本 0-0-3(12-12) 伊田篤史平田智也余正麒孫喆六浦雄太芝野虎丸牛栄子上野愛咲美
4位 中華台北 0-2-1(7-17) 王元均林君諺林立祥林士勛陳祈睿楊博崴、蘇聖芳、楊子萱

対戦表編集

第1回(2000年)編集

ソウル

第1戦(12月4日)
第2戦(12月5日)
第3戦(12月6日)

第4回(2003年)編集

第1戦(12月22日)
第2戦(12月23日)
第3戦(12月25日)

第5回(2004年)編集

第1戦(12月6日)
第2戦(12月23日)
第3戦(12月25日)

第6回(2005年)編集

日本

第1戦(10月17日)
第2戦(10月18日)
第3戦(10月19日)

第7回(2006年)編集

北京市

第1戦(11月13日)
第2戦(11月14日)
第3戦(11月15日)

第8回(2007年)編集

江陵市

第1戦(11月5日)
第2戦(11月14日)
第3戦(11月8日)

第9回(2008年)編集

東京

第1戦(11月17日)
第2戦(11月18日)
第3戦(11月19日)

第10回(2009年)編集

杭州

第1戦(11月30日)
第2戦(12月1日)
第3戦(12月2日)

第11回(2010年)編集

台北

第1戦(10月3日)
第2戦(10月4日)
第3戦(10月5日)

第12回(2011年)編集

済州島

第1戦(11月22日)
第2戦(11月23日)
第3戦(11月24日)

第13回(2012年)編集

第1戦(9月11日)
第2戦(9月12日)
第3戦(9月13日)

第14回(2013年)編集

第1戦(10月15日)
第2戦(10月16日)
第3戦(10月17日)

第15回(2014年)編集

第1戦(10月1日)
第2戦(10月2日)
第3戦(10月3日)

第16回(2016年)編集

第1戦(9月23日)
第2戦(9月24日)
第3戦(9月25日)

外部リンク編集