メインメニューを開く

国際測地学及び地球物理学連合(こくさいそくちがくおよびちきゅうぶつりがくれんごう、英語:International Union of Geodesy and Geophysics、略称:IUGG)は、測地学地球物理学に関する非営利の国際的な学術団体

The International Union of Geodesy and Geophysics
略称 IUGG
ウェブサイト http://www.iugg.org/

目次

概要編集

IUGG は国際科学会議(ICSU)の加盟団体のひとつである。公用語は英語フランス語

8つの協会と3つの委員会から構成され、それぞれの協会で国際学会を開催している。また4年に一度、IUGGの総会が開催される。2003年現在で76ヶ国からの参加があり[1]、たとえば日本では日本学術会議地球惑星科学委員会IUGG分科会が対応している。また、各協会に対してはIUGG分科会の下に設けられている各小委員会が対応している。

アメリカ合衆国の研究者は、IUGGの会合よりもAGU(アメリカ地球物理学連合)への参加を好む傾向にある。一方で欧州の研究者はIUGGへの参加に積極的であるとされる。日本人も積極的に参加しており、過去に木村栄緯度変化委員長、飯田汲事が国際津波委員長を務めたほか、1999~2003年には河野長がIUGG会長を務めている。

構成組織編集

歴史編集

IUGGは1919年に万国学術研究会議(IRC、ICSUの前身)の下部団体として設立された。当時の名称は International Geodetic and Geophysical Union(IGGU)であったが、1930年に現在の名称に変更した。

1922年にローマで第1回の総会が開かれた。以後、1963年までは3年に1回、その後は4年に1回の間隔で総会が行われている。

役割編集

測地学・地球物理学に関する国際的な定義を採択する。たとえば地球楕円体の定義を決定する際に重要な役割を担い、1924年にはヘイフォード楕円体を採用することを決定した。現在広く用いられている「GRS80」も、IUGG と IAG が採用するよう勧告したことから利用が増加した。そのほか、重力についても IUGG や IAG が定めた基準が広く用いられている。

総会及び歴代会長、事務総長編集

IUGG総会は4年に一度、すべての協会が集まって開催される[2]。開催期間は2週間に及ぶ。2007年の大会では、ペルージャ大学をほぼ借り切る形で開催された。

開催年 総会開催都市 参加者数 会長 事務総長
1. 1922 ローマ   イタリア 1919-1933 Charles Lallemand   フランス 1919-1924 Sir Henry George Lyons   イギリス
2. 1924 マドリード   スペイン 1919-1933 Charles Lallemand   フランス 1924-1927 Sir Henry George Lyons   イギリス
3. 1927 プラハ   チェコスロバキア 1919-1933 Charles Lallemand   フランス 1927-1930 Sir Henry George Lyons   イギリス
4. 1930 ストックホルム   スウェーデン 331 1919-1933 Charles Lallemand   フランス 1930-1933 Harold St. John Lloyd Winterbotham   イギリス
5. 1933 リスボン   ポルトガル 200 1933-1936 William Bowie   アメリカ合衆国 1933-1936 Harold St. John Lloyd Winterbotham   イギリス
6. 1936 エディンバラ   イギリス 344 1936-1942 Dan Barfod La Cour   デンマーク 1936-1939 Harold St. John Lloyd Winterbotham   イギリス
7. 1939 ワシントンD.C.   アメリカ合衆国 805 1946-1948 Bjørn Helland-Hansen   ノルウェー 1939-1946 Harold St. John Lloyd Winterbotham   イギリス
8. 1948 オスロ   ノルウェー 368 1948-1951 Felix Andries Vening-Meinesz   オランダ 1946-1951 James Martin Stagg   イギリス
9. 1951 ブリュッセル   ベルギー 918 1951-1954 Sydney Chapman   イギリス 1951-1954 Georges R. Laclavère   フランス
10. 1954 ローマ   イタリア 923 1954-1957 Kalpathi Ramakrishna Ramanathan   インド 1954-1957 Georges R. Laclavère   フランス
11. 1957 トロント   カナダ 1165 1957-1960 John Tuzo Wilson   カナダ 1957-1960 Georges R. Laclavère   フランス
12. 1960 ヘルシンキ   フィンランド 1375 1960-1963 Vladimir V. Beloussov   ソビエト連邦 1960-1963 Georges R. Laclavère   フランス
13. 1963 バークレー   アメリカ合衆国 1938 1963-1967 Joseph Kaplan   アメリカ合衆国 1963-1967 George D. Garland   カナダ
14. 1967 チューリッヒ   スイス 2200 1967-1971 Jean Coulomb   フランス 1967-1973 George D. Garland   カナダ
15. 1971 モスクワ   ソビエト連邦 2577 1971-1975 Henry Charnock   イギリス 1973-1991 Baron Paul Melchior   ベルギー
16. 1975 グルノーブル   フランス 2564 1975-1979 Attia Ashour   エジプト 1973-1979 Baron Paul Melchior   ベルギー
17. 1979 キャンベラ   オーストラリア 1944 1979-1983 George D. Garland   カナダ 1979-1983 Baron Paul Melchior   ベルギー
18. 1983 ハンブルグ   西ドイツ 3204 1983-1987 Devendra Lal   インド 1983-1987 Baron Paul Melchior   ベルギー
19. 1987 バンクーバー   カナダ 3939 1987-1991 Vladimir Isaacovich Keilis-Borok   ソビエト連邦 1987-1991 Baron Paul Melchior   ベルギー
20. 1991 ウィーン   オーストリア 4331 1991-1995 Helmut Moritz   オーストリア 1991-1995 Georges Balmino   フランス
21. 1995 ボルダー   アメリカ合衆国 4481 1995-1999 Peter John Wyllie   アメリカ合衆国 1995-1999 Georges Balmino   フランス
22. 1999 バーミンガム   イギリス 4052 1999-2003 河野長   日本 1999-2003 JoAnn Joselyn   アメリカ合衆国
23. 2003 札幌   日本 4151 2003-2007 Uri Shamir   イスラエル 2003-2007 JoAnn Joselyn   アメリカ合衆国
24. 2007 ペルージャ   イタリア 4375 2007-2011 Tom Beer   オーストラリア 2007-2011 Alik Ismail-Zadeh   ドイツ  ロシア
25. 2011 メルボルン   オーストラリア 3392 2011-2015 Harsh K. Gupta   インド 2011-2015 Alik Ismail-Zadeh   ドイツ  ロシア
26. 2015 プラハ   チェコ 4231 2015-2019 Michael G. Sideris   カナダ 2015-2019 Alik Ismail-Zadeh   ドイツ  ロシア
27. 2019 モントリオール   カナダ 2019-2023 Kathryn Anne Whaler   イギリス 2019-2023 Alexander Rudloff   ドイツ
28. 2023 ベルリン   ドイツ

脚注編集

  1. ^ IUGG2003in札幌
  2. ^ かつては概ね3年に1度開催されていた。[1]参照。

関連項目編集

外部リンク編集