メインメニューを開く

国際看護師の日(こくさいかんごしのひ、英:International Nurses Day,IND)は、看護師社会への貢献を称える目的で毎年5月12日に設定。5月12日は、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日である。

アメリカ合衆国カナダでは、毎年5月915日を「国民看護週間(National Nursing Week)」として祝う。米国では1974年、大統領リチャード・ニクソン政権時に設置。


目次

テーマ編集

国際看護師協会によるテーマ:[1]

  • 1988年 - Safe Motherhood
  • 1989年 - School Health
  • 1990年 - Nurses and Environment
  • 1991年 - Mental Health - Nurses in Action
  • 1992年 - Healthy Aging
  • 1993年 - Quality, costs and Nursing
  • 1994年 - Healthy Families for Healthy Nation
  • 1995年 - Women's Health: Nurses Pave the Way
  • 1996年 - Better Health through Nursing Research
  • 1997年 - Healthy Young People = A Brighter Future
  • 1998年 - Partnership for Community Health
  • 1999年 - Celebrating Nursing's Past, claiming the future
  • 2000年 - Nurses - Always there for you
  • 2001年 - Nurses, Always There for You: United Against Violence
  • 2002年 - Nurses Always There for You: Caring for Families
  • 2003年 - Nurses: Fighting AIDS stigma, working for all
  • 2004年 - Nurses: Working with the Poor; Against Poverty
  • 2005年 - Nurses for Patients Safety: Targeting counterfeit medicines and substandard medication
  • 2006年 - Safe staffing saves lives
  • 2007年 - Positive practice environments: Quality workplaces = quality patient care
  • 2008年 - Delivering Quality, Serving Communities: Nurses Leading Primary Health Care
  • 2009年 - Delivering Quality, Serving Communities: Nurses Leading Care Innovations
  • 2010年 - Delivering Quality, Serving Communities: Nurses Leading Chronic Care.
  • 2017年 - Nurses: A voice to lead - Achieving the Sustainable Development Goals[1]
  • 2018年 - Nurses: A voice to lead - Health is a Human Right[2]
  • 2019年 - Nurses: A voice to lead - Health for All[3](看護師: 主導する声 - すべての人々に健康を[4]

参照編集

  1. ^ International Nurses Day”. 国際看護師協会. 2019年5月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集