国際観光産業振興議員連盟

国際観光産業振興議員連盟(こくさいかんこうさんぎょうしんこうぎいんれんめい)は、カジノに否定的な3党(社民党共産党れいわ新選組)を除く日本の超党派国会議員による議員連盟[1]。略称:IR議連2010年4月14日に参加者74人で発足した[2]

概要編集

通称“カジノ議連”。

カジノの合法化による観光産業の振興を行うと同時に、パチンコの換金合法化を目的として発足[2][3]。参加議員は現在224名[4][5]

カジノ導入に向けての動きは、2012年年明けにも起こり、民主党は超党派の国際観光産業振興議員連盟が検討している、カジノを核とした特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(IR推進法案)を内閣部門会議で1月31日に了承した[6]

役員編集

会長
副会長
最高顧問
顧問
幹事長
副幹事長
事務局長
事務局次長

主なメンバー編集

元メンバー編集

中国企業からの利益供与問題編集

2019年12月、中国企業によるカジノ汚職が報じられ、この議連から自民党の秋元司白須賀貴樹岩屋毅宮崎政久船橋利実中村裕之、日本維新の会の下地幹郎の名が挙がった(秋元は収賄容疑で逮捕)。IR推進関係者は、2010年当時は民主党政権で民主党議員がトップだったが今は自民党ばかりで、利権好きの自民党に任せたからこんなことになったとぼやいた[10]

2020年1月7日、下地が現金を受け取っていたことを認めた上で日本維新の会を離党[11]。一方、自民党では宮崎に関して週刊文春の報道[12]があった他、船橋に関しては領収書や差額に関する説明に地元から批判が噴出した[13]

秋元司の保釈条件には白須賀貴樹勝沼栄明前議員、500ドットコム社側が100万円ずつを渡したと供述した下地幹郎ら5議員も接触制限の対象とした[14]

アメリカ企業からはパーティー券編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ カジノ合法化、新成長戦略に 超党派議連、秋に法案提出方針 - 産経ニュース
  2. ^ a b “超党派のカジノ議連が発足、カジノ合法化は観光立国の起爆剤” (日本語). 産経新聞. (2010年4月14日). オリジナルの2010年11月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101128222355/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100414/stt1004142245018-n1.htm 2010年10月29日閲覧。 (インターネットアーカイブ)
  3. ^ “カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討” (日本語). 産経新聞. (2010年4月14日). オリジナルの2010年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100415213412/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100414/stt1004140823002-n1.htm 2010年10月29日閲覧。 (インターネット・アーカイブ)
  4. ^ 安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり/賭博合法化につきすすむ しんぶん赤旗 2014年9月9日
  5. ^ これがカジノ議連の候補者/共産党躍進で 合法化阻止を しんぶん赤旗 2014年11月28日
  6. ^ “カジノ法案を了承/特定複合観光施設区域整備/民主党内閣部門会議(日刊建設通信新聞)” (日本語). (2012年2月3日). http://www.vsearch.co.jp/entry/news04/post-13560.php 
  7. ^ カジノ議連/首相「最高顧問やめる」/大門氏の追及に答弁 しんぶん赤旗 2014年10月9日
  8. ^ 麻生氏 カジノ議連退会/追及の大門議員に連絡 しんぶん赤旗 2014年6月11日
  9. ^ まあ年末年始ですし、同時に世論の動きも見てるかと。維新スピリッツなら党としても早々調査するべき。だいたい、幹部でない議員らはあのIR議連に党から言われて”ほぼ”強制加入(離党で脱退済)年間6000円の議連会費とられてたのに勿論当然だが先日のカジノ行くのも自腹。個人的にも本件許せませんね。 Twitter 2020年1月1日
  10. ^ IR疑獄さらに5人の議員浮上 カジノ強まる逆風に推進派東京スポーツ 2020年1月4日
  11. ^ 現金受領認めた下地氏が離党届 進退「国会までに結論」朝日新聞 2020年1月7日
  12. ^ IR汚職「資金提供業者」と2ショット入手! 宮崎政久法務政務官の説明に疑義週刊文春 2020年1月16日号
  13. ^ 船橋氏説明に疑問噴出 領収書出さず/差額気付かず/中国側同席濁す IR疑惑北海道新聞 2020年1月10日
  14. ^ https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021000406&g=soc
  15. ^ 京都新聞2020年2月1日朝刊

関連項目編集

外部リンク編集