メインメニューを開く

国際賞Premio Internazionale, International Award) は、ヴェネツィア国際映画祭の賞の一つ[1]。現在の銀獅子賞に相当する賞として、1946年から1952年までの7年間授与されていた。

1946年は最高賞である国際批評家賞の特別賞として授与された[2]。また、1947年から1949年までの3年間存在した監督賞も国際賞の一環として授与されており[3]、本項ではその受賞者も記載する。脚本賞と撮影賞も同賞の一環として授与されていたが、その受賞者は金オゼッラ賞を参照。1953年からは同賞に代わって銀獅子賞が新設された[4]

目次

受賞作品編集

開催年 受賞作 監督
1946年 戦火のかなた
Paisà
ロベルト・ロッセリーニ   イタリア
天井桟敷の人々
Les enfants du paradis
マルセル・カルネ   フランス
Кружева ミハイル・チアウレリ   ソビエト連邦
死刑執行人もまた死す
Hangmen Also Die!
フリッツ・ラング   アメリカ合衆国
ヘンリィ五世
Henry V
ローレンス・オリヴィエ   イギリス
Nepokoryonnye マルク・ドンスコイ   ソビエト連邦
パニック
Panique
ジュリアン・デュヴィヴィエ   フランス
Il sole sorge ancora アルド・ヴェルガノ   イタリア
1947年 Dreams That Money Can Buy ハンス・リヒター   アメリカ合衆国
真珠
La perla
エミリオ・フェルナンデス   メキシコ
1948年 ルイジアナ物語
Louisiana Story
ロバート・J・フラハティ   アメリカ合衆国
逃亡者
The Fugitive
ジョン・フォード   アメリカ合衆国
揺れる大地
La terra trema: episodio del mare
ルキノ・ヴィスコンティ   イタリア
1949年 The Quiet One シドニー・メイヤーズ   アメリカ合衆国
ベルリン物語
Berliner Ballade
ロベルト・A・シュテルメ   西ドイツ
蛇の穴
The Snake Pit
アナトール・リトヴァク   アメリカ合衆国
1950年 Dieu a besoin des hommes ジャン・ドラノワ   フランス
プリマ
Prima comunione
アレッサンドロ・ブラゼッティ   イタリア
暗黒の恐怖
Panic in the Streets
エリア・カザン   アメリカ合衆国
1951年 田舎司祭の日記
Journal d'un curé de campagne
ロベール・ブレッソン   フランス

The River
ジャン・ルノワール   インド
地獄の英雄
Ace in the Hole
ビリー・ワイルダー   アメリカ合衆国
1952年 西鶴一代女 溝口健二   日本
ヨーロッパ一九五一年
Europa '51
ロベルト・ロッセリーニ   イタリア
静かなる男
The Quiet Man
ジョン・フォード   アメリカ合衆国

監督賞編集

開催年 受賞者 作品
1947年 アンリ=ジョルジュ・クルーゾー 犯罪河岸
Quai des Orfèvres
  フランス
1948年 ゲオルク・ヴィルヘルム・パブスト Der Prozeß   西ドイツ
1949年 アウグスト・ジェニーナ 沼の上の空
Cielo sulla palude
  イタリア

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Venice Film Festival”. IMDb. 2014年8月19日閲覧。
  2. ^ Venice Film Festival (1946)”. IMDb. 2014年8月19日閲覧。
  3. ^ Venice Film Festival (1947)”. IMDb. 2014年8月19日閲覧。
  4. ^ La Biennale di Venezia - 1953”. Biennale. 2014年8月18日閲覧。

外部リンク編集