国際連合安全保障理事会決議10

国連安全保障理事会決議10(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ10、: United Nations Security Council Resolution 10, UNSCR10)は、1946年11月4日国際連合安全保障理事会で採択された決議フランコ体制下スペインはもはや安全保障理事会の継続的な監視に値しないと判断し、すべての関連文書を総会に引き渡した。

国際連合安全保障理事会
決議10
日付: 1946年11月4日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 79回
コード: S/RES/10
文書: 英語

投票: 賛成: 11 反対: 0 棄権: 0
主な内容: スペインに関する関与の放棄について
投票結果: 全会一致で採択

安全保障理事会(1946年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
オーストラリアの旗 オーストラリア
ブラジルの旗 ブラジル
エジプトの旗 エジプト
メキシコの旗 メキシコ
オランダの旗 オランダ
ポーランドの旗 ポーランド

フランシスコ・フランコ政権期のスペインの国旗

また事務総長に対し、この決定を総会に告知することを要請した。

決議は全会一致で採択された。

詳細 編集

以下は決議の英文。

The Security Council
Resolves that the situation in Spain be taken off the list of matters of which the Council is seized, and that all records and documents of the case be put at the disposal of the General Assembly;
Requests the Secretary-General to notify the General Assembly of this decision.

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
スペインの情勢を、この問題から取り除き、理事会が把握する事項のリスト、およびこの件に関するすべての記録と文書を総会の裁量に委ねることを決議する。
事務総長に対し、この決定を総会に通知するよう要請する。

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集