国際連合安全保障理事会決議132

国際連合安全保障理事会決議132(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ132、: United Nations Security Council Resolution 132, UNSCR132)は、1959年9月7日国際連合安全保障理事会で採択された決議ラオス国境地帯の不安定化の調査についてのものであると同時に、同年に採択された唯一の安保理決議である。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議132
日付: 1959年9月7日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 848回
コード: S/4216
文書: 英語

投票: 賛成: 10 反対: 1 棄権: 0
主な内容: ラオス国境地帯の不安定化の調査について
投票結果: 採択

安全保障理事会(1959年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
カナダの旗 カナダ
イタリアの旗 イタリア
日本の旗 日本
パナマの旗 パナマ
チュニジアの旗 チュニジア

La-map.png
ラオスの位置

概要編集

この年の非常任理事国だった6国のうちアルゼンチンイタリア日本チュニジアからなる小委員会を任命することを決定し、ラオスに関する安保理前の声明を検討し、さらなる声明および文書を受領し、照会してできるだけ早く理事会に報告するよう指示した。

ラオスは以前、北ベトナムからの軍隊がその共有する国境を越えてラオスに対して軍事攻撃を行ったと非難しており、安全保障理事会の議長は緊急に会議を招集した[1]。決議は、ソビエト連邦(反対票)以外の10国が賛成票を投じて採択された。小委員会は、この横断はゲリラ的なものであり、北ベトナム軍に責任があるとは明確に立証できないと結論づけた[1]。なお、1959年に採択された安保理決議はこの132号決議のみである。

詳細編集

以下は決議の英文[2]

The Security Council
Decides
to appoint a sub-committee consisting of Argentina, Italy, Japan and Tunisia, and instructs this sub-committee to examine the statements made before the Security Council concerning Laos, to receive further statements and documents and to conduct such inquiries as is may determine necessary, and to report to the Council as soon as possible.

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
アルゼンチン、イタリア、日本及びチュニジアからなる小委員会を任命することを決定し、この小委員会に対し、ラオスに関する安全保障理事会に対する陳述を検討し、更に(その)陳述及び文書を受け取り、必要と判断する調査を行い、できる限り早く理事会に報告することを指示する。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Wellens, Karen; T.M.C. Asser Instituut (1990). Resolutions and statements of the United Nations Security Council (1946–1989): a thematic guide. BRILL. p. 258. ISBN 978-0-7923-0796-9 
  2. ^ ODS HOME PAGE”. documents-dds-ny.un.org. 2022年4月13日閲覧。

外部リンク編集