国際連合安全保障理事会決議25

国際連合安全保障理事会決議

国際連合安全保障理事会決議25(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ25、: United Nations Security Council Resolution 25, UNSCR25)は、1947年5月22日国際連合安全保障理事会で採択された決議イタリア国際連合加盟申請を検討することを指示したものである。申請は別途、加盟検討委員会で検討されることとなった。決議はオーストラリアが棄権したものの、賛成多数で採択されている。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議25
日付: 1947年5月22日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 137回
文書: 英語 日本語訳

投票: 賛成: 10 反対: 0 棄権: 1
主な内容: イタリアの国連加盟検討指示
投票結果: 賛成多数で採択(オーストラリアが棄権)

安全保障理事会(1947年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
オーストラリアの旗 オーストラリア
ベルギーの旗 ベルギー
ブラジルの旗 ブラジル
 コロンビア
ポーランドの旗 ポーランド
シリアの旗 シリア

概要編集

第二次世界大戦において枢軸国側であったイタリア(当時イタリア王国)は、1943年に連合国に降伏、後に枢軸国に宣戦布告を行なっている。1946年には王政が廃止されてイタリア共和国が成立、1947年2月にはパリ条約イタリアとの平和条約)が締結され、新体制の成立・国際社会への復帰が進められていた。

しかし、イタリアは主要な枢軸国であったこともあり、国際連合憲章における敵国条項にかかる部分があり、東西冷戦の開始もあって加盟手続きははかどらなかった。1955年12月6日の総会決議918(X)の勧告を受けた、1955年12月14日国際連合安全保障理事会決議109によって承認され、同日の総会決議995(X)によりイタリアの加盟が認められた。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集