国際連合安全保障理事会決議462

国際連合安全保障理事会決議

国際連合安全保障理事会決議462(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ462、: United Nations Security Council Resolution 462)は、1980年1月9日国際連合安全保障理事会で採択された決議である。この決議により、平和のための結集決議が発動しソビエト連邦のアフガニスタン侵攻に関する第6回国際連合緊急特別総会英語版が招集された。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議462
日付: 1980年1月9日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 2,190回
コード: S/RES/462
文書: 英語

投票: 賛成: 12 反対: 2 棄権: 1
主な内容: 第6回国際連合緊急特別総会英語版の招集
投票結果: 採択

安全保障理事会(1980年時点)
常任理事国
中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
バングラデシュの旗 バングラデシュ
東ドイツの旗 東ドイツ
ジャマイカの旗 ジャマイカ
メキシコの旗 メキシコ
ニジェールの旗 ニジェール
 ノルウェー
フィリピンの旗 フィリピン
ポルトガルの旗 ポルトガル
チュニジアの旗 チュニジア
ザンビアの旗 ザンビア

BMD-1 in Afghanistan.jpg
Soviet paratroopers in Kabul

常任理事国の不一致で安保理が機能しない場合、平和のための結集決議に基づき国連総会で議論されることになっている。

この決議が採択されるまでソビエト連邦の拒否権行使により決議案が否決されていたため[1]、決議案の議論において一部の理事国により深刻な状況が強調され、国際連合総会における議論が正当化された[2]

東ドイツとソビエト連邦が反対し、ザンビアが棄権したが、賛成多数で採択された。手続条項により常任理事国の拒否権行使は無効である。

原文編集

The Security Council,

Having considered the item on the agenda of its 2185th meeting, as contained in document S/Agenda/2185,

Taking into account that the lack of unanimity of its permanent members at the 2190th meeting has prevented it from exercising its primary responsibility for the maintenance of international peace and security,

Decides to call an emergency special session of the General Assembly to examine the question contained in document S/Agenda/2185.

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Kapteyn, Paul Joan George (1981). International Organization and Integration: annotated basic documents and descriptive directory of international organizations and arrangements (2 ed.). Brill Archive. pp. 215. ISBN 978-90-247-2579-3 
  2. ^ United Nations Secretary-General (2006). Repertory of Practice of United Nations Organs: Supplement. Articles 9 to 22 of the Charter, covering the period 1 January 1979 to 31 December 1984, Issue 6. United Nations Publications. pp. 70. ISBN 978-92-1-133659-7 

外部リンク編集