国際連合安全保障理事会決議849

国際連合安全保障理事会決議849(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ849、: United Nations Security Council Resolution 849; UNSCR849)は、1993年7月9日国際連合安全保障理事会で採択された決議。紛争中のジョージア(当時の名称はグルジア)領アブハジアに対する軍事監視団の派遣と停戦の実施を求める決議であり、全会一致で採択された。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議849
日付: 1993年7月9日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 3,252回
コード: S/RES/849
文書: 英語

投票: 賛成: 15 反対: 0 棄権: 0
主な内容: アブハジアFlag of Georgia (1990-2004).svg グルジア
投票結果: 採択

安全保障理事会(1993年時点)
常任理事国
中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
非常任理事国
ブラジルの旗 ブラジル
カーボベルデの旗 カーボベルデ
ジブチの旗 ジブチ
スペインの旗 スペイン
 ハンガリー
日本の旗 日本
モロッコの旗 モロッコ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
パキスタンの旗 パキスタン
ベネズエラの旗 ベネズエラ

Georgia, Ossetia, Russia and Abkhazia (ja).svg
アブハジアとジョージア

概要編集

理事会はジョージア領アブハジアの紛争地域内スフミ周辺における直近の戦闘に懸念を示し、ブトロス・ブトロス=ガーリ事務総長に対して、アブハジアとジョージアの間の停戦を合意させるための特使派遣を要求した。この決議により、軍事監視団50名の派遣が許可された。アブハジア紛争に関する安保理決議は、この決議が初めてのものであった[1]。事務局長は決議に従い軍事監視団の任務を勧告し、アブハジアに対する和平プロセスを開始した。その中心的役割にはロシアが入り、また従来より連携を続けている欧州安全保障協力機構議長が支援を示した[2]。そして軍事監視団の早期配備を促すための地位協定に関する国連との議論に参加するよう、ジョージア政府に要請した。

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ Jonson, Lena; Archer, Clive (1996). Peacekeeping and the role of Russia in Eurasia. Westview Press. p. 202. ISBN 978-0-8133-8958-5 
  2. ^ Gray, Christine D. (2004). International law and the use of force (2nd ed.). Oxford University Press. p. 311. ISBN 978-0-19-927130-6 

外部リンク編集