国際連合安全保障理事会決議94

国際連合安全保障理事会決議94(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ94、: United Nations Security Council Resolution 94, UNSCR94)は、1951年5月29日国際連合安全保障理事会で採択された決議国際司法裁判所判事の人事に関する決定を下した。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議94
日付: 1951年5月29日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 548回
コード: S/2174
文書: 英語

投票: 賛成: 11 反対: 0 棄権: 0
主な内容: 国際司法裁判所の人事について
投票結果: 採択

安全保障理事会(1951年時点)
常任理事国

中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

非常任理事国
ブラジルの旗 ブラジル
エクアドルの旗 エクアドル
インドの旗 インド
オランダの旗 オランダ
トルコの旗 トルコ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア

International Court of Justice.jpg
ハーグにある平和宮

概要編集

1951年5月7日国際司法裁判所ホセ・フィラデルフォ・デ・バロス・エ・アゼベドPhiladelpho Azevedo)判事が死亡したことについて遺憾の意を示すとともに、これによる空席を埋めるための選挙が第6回国連総会中に行われるべきであるとのを決定を下した。安保理は加えて、この選挙は、この翌年の1952年2月5日に5人の委員の任期満了による同数の空席を埋めるべく、同会期で行われる通常選挙に先立って行われるべきとも決定した。この決議は全会一致で採択された。

詳細編集

以下は決議の英文[1]

The Security Council,
Noting with regret the death of Judge Jose Philadelpho 1 de Barros e Azevedo on 7 May 1951,
Noting further that a vacancy in the Court for the remainder of the deceased's term of office has thus occurred and must be filled in accordance with the terms of the Statute of the International Court of Justice,
Noting that, in accordance with Article 14 of the Statute, the date of the election to fill this vacancy shall be fixed by the Security Council,
1. Decides that an election to fill the vacancy shall take place during the sixth session of the General Assembly;
2. Decides further that this election shall take place prior to the regular election to be held at the same session to fill the five vacancies which will occur owing to the expiration on 5 February 1952 of the terms of five members.

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
1951年5月7日にホセ・フィラデルフォ・デ・バロス・エ・アゼベド判事が死亡したことに遺憾の意を表し、
さらに、したがって故人の残りの任期について裁判所に空席が生じたので、国際司法裁判所の定款の条項に従って補充しなければならないことを指摘し、
規約第14条に基づき、この空席を埋めるための選挙の日程は安全保障理事会により定められることを指摘し、
1. 空席を埋めるための選挙は、第6回総会中に行われることを決定する。
2. さらに、この選挙は、1952年2月5日の5人の委員の任期満了によって生じる5人の空席を埋めるために同会期において行われる通常選挙に先立って行われるものと決定する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ S/RES/94(1951)”. undocs.org. 2022年3月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集