国際関係学部

ウィキメディアの一覧記事

国際関係学部(こくさいかんけいがくぶ)は、国際関係論を研究・教授の対象とする大学学部。国内では、日本大学1978年に同学部を静岡県三島市に誕生させたのが初である。

目次

概要編集

国際社会の歴史や、現在の様々な課題に対し、社会科学的人文科学的アプローチを行う。また国際的な情報に関するリテラシーを高い水準で持ち、国際社会における行動力のある人材の養成を目的とする。[1]社会科学的側面からは、政治経済法律などの社会システムを学ぶ。人文科学的側面からは、思想歴史文学など異文化理解について学ぶ。[2]愛知県立大学の国際関係学科では「国際関係コース (社会科学系)」と「国際文化コース (人文科学系)」が設置されている。大学によっては、国際的な情報リテラシーとして、語学教育や情報教育にも力を入れている。

教育・研究編集

国際関係論の大きな柱として、「政治 (平和安全保障)」「経済 (開発援助国際協力)」「文化 (比較文化・国際交流)」の3領域が挙げられる[3]。その学際性により、大学により力を入れている分野が異なる。[4]国際社会学部国際文化学部国際政治経済学部国際経営学部国際コミュニケーション学部国際日本学部などは上記のどの特定分野に力を入れているかの違いであり、ほぼ本項目と同義である。また、国際学部総合グローバル学部なども名称の違いのみで、本項目と同義である。

カリキュラムの例編集

1年次は国際関係論基礎法学経済学政治学文化人類学などの基礎ならびに語学科目を学び、2年次より「国際秩序・平和」「国際協力・開発」「国際文化理解」「国際公務」 のいずれかのコースに所属し、国際政治学国際経済学国際法宗教学国際ジャーナリズムなどの専門科目を履修していく。2年次にも英語科目を1~2コマ履修する。
国際関係系 (「国際政治領域」「市民社会・国際協力領域」)、 地域研究系 (「アジア研究領域」「中東・アフリカ研究領域」) と4領域が設けられ、国際関係論と地域研究を組合わせて学ぶ。1年次に基礎科目を学んだ後、2年進級次に専攻領域を決定。語学は、必修は1年次に英語4単位のみだが、第2外国語含めて8単位分まで選択科目として履修可能。

国際関係学部・国際関係学科のある大学編集

脚注編集

  1. ^ 立命館大学津田塾大学の学位授与方針
  2. ^ パスナビ特集「学びたい学問からさがす→国際関係学部系統」
  3. ^ 逆引き大学辞典
  4. ^ ベネッセ マナビジョン「学問情報 国際関係学」
  5. ^ 立命館大学ホームページ 国際関係学部紹介ページより
  6. ^ 上智大学ホームページ 履修要項より

関連項目編集