国領五一郎

国領伍一郎から転送)

国領 五一郎(こくりょう ごいちろう、1902年12月20日 - 1943年3月19日)は、日本社会運動家。創立直後の日本共産党第一次共産党 (日本))に加入し、のちに第二次共産党 (日本)の中央委員となって労働運動を指揮したが逮捕され、懲役刑の判決を受けて服役中に獄死した。

生涯編集

京都市上京区西陣織の職人の子として生まれる。小学校卒業後、西陣織の職人となり、労働組合運動に参加する。1921年日本労働総同盟京都連合会執行委員となり、労働組合の左派として活動、1922年の日本共産党創立後まもなく入党する。1925年、日本労働組合評議会結成にともない京都地評執行委員となる。

1926年の日本共産党第3回大会で中央委員候補に選出され、翌年中央委員に任ぜられる。1928年2月、モスクワで開かれたプロフィンテルン第4回大会に出席、5月に帰国後、三・一五事件の弾圧のあとの指導部メンバーとして党の再建につとめるが、10月に検挙される。

獄中では法廷闘争の中心となり、三・一五被告の統一公判では労働運動についての陳述を行った。1932年、懲役15年の刑の言い渡しを受け、上告審で最終的に刑が確定、非転向を貫き、獄死した。

没後まとめられた著書に、『国領五一郎集』(新日本出版社、1986年)がある。

参考文献編集