国領駅

日本の東京都調布市にある京王電鉄の駅

国領駅(こくりょうえき)は、東京都調布市国領町三丁目にある、京王電鉄京王線である。京王中央管区所属。駅番号KO16

国領駅
Kokuryo-Sta.JPG
国領駅(2015年7月11日)
こくりょう
Kokuryō
KO15 柴崎 (0.9km)
(0.7km) 布田 KO17
所在地 東京都調布市国領町三丁目18番地1
駅番号 KO16
所属事業者 京王電鉄
所属路線 京王線
キロ程 14.2km(新宿起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
38,713人/日
-2019年-
開業年月日 1913年大正2年)4月15日
備考 1927年に現在地に移設
2012年地下化
テンプレートを表示

歴史編集

戦前より運行されていた準急の停車駅であったが、1963年(昭和38年)10月1日のダイヤ改定で準急が廃止されてからは各駅停車のみの停車駅となっている。

  • 1913年大正2年)4月15日 - 国道20号(甲州街道)の北側に京王電気軌道の駅として開業。なお、調布市教育委員会が設置した「京王線旧国領(北浦)駅跡」の碑には、地元の強い要望により一時期北浦駅であったと伝えられている旨の記載がされている。
  • 1927年昭和2年)12月17日 - 現在地に相対式ホーム2面2線を有する地上駅として移設。
  • 1944年(昭和19年)5月31日 - 東京急行電鉄大東急)に併合。同社京王線の駅となる。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 - 東急から京王帝都電鉄が分離。同社の駅となる
  • 2006年平成18年)
    • 11月12日 - 柴崎方の上り線の仮線切り替え。
    • 12月3日 - 柴崎方の下り線の仮線切り替え。
  • 2007年(平成19年)3月4日 - 仮設橋上駅舎・エレベーター使用開始、従来の地下駅舎は使用停止。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月16日 - 下り線を切り替え、単式ホームとなる。
    • 3月27日 - 当駅の地下化工事中に不発弾が発見される。
    • 5月18日 - 3月27日に発見された不発弾処理のため、京王線がつつじヶ丘 - 調布間で区間運休となる。
    • 7月6日 - 上り線を切り替え、島式ホーム1面2線化。旧上りホーム使用停止。
  • 2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)2月22日 - KO16駅ナンバリングを導入。

駅名の由来編集

付近の地名である国領町による。「国領」の地名は、武蔵国国府が管轄する国衙領であったことにちなむ。

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地下駅。新宿方には、地上線からのトンネルが見える。

駅部分は開削トンネルだが駅の調布よりのホーム先端でシールドトンネルに切り替わっている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   京王線 下り 調布橋本京王八王子高尾山口方面
2 上り 明大前笹塚新宿  都営新宿線方面

駅施設編集

利用状況編集

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員38,713人である[1]。京王線の各駅停車のみが停車する駅では最も乗降人員が多い。

近年の1日平均乗降人員及び乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
出典
1955年(昭和30年) 8,477
1960年(昭和35年) 12,639
1965年(昭和40年) 17,679
1970年(昭和45年) 16,718
1975年(昭和50年) 13,510
1980年(昭和55年) 17,968
1985年(昭和60年) 20,489
1990年(平成02年) 27,089 13,329 [* 1]
1991年(平成03年) 14,150 [* 2]
1992年(平成04年) 13,929 [* 3]
1993年(平成05年) 13,948 [* 4]
1994年(平成06年) 13,885 [* 5]
1995年(平成07年) 28,317 13,858 [* 6]
1996年(平成08年) 14,101 [* 7]
1997年(平成09年) 28,653 14,180 [* 8]
1998年(平成10年) 28,476 14,104 [* 9]
1999年(平成11年) 28,662 14,049 [* 10]
2000年(平成12年) 29,948 14,805 [* 11]
2001年(平成13年) 31,136 15,386 [* 12]
2002年(平成14年) 31,102 15,381 [* 13]
2003年(平成15年) 31,828 15,735 [* 14]
2004年(平成16年) 33,289 16,542 [* 15]
2005年(平成17年) 35,086 17,463 [* 16]
2006年(平成18年) 35,522 17,636 [* 17]
2007年(平成19年) 37,175 18,363 [* 18]
2008年(平成20年) 38,184 18,910 [* 19]
2009年(平成21年) 37,827 18,748 [* 20]
2010年(平成22年) 37,745 18,704 [* 21]
2011年(平成23年) 37,508 18,577 [* 22]
2012年(平成24年) 38,285 18,981 [* 23]
2013年(平成25年) 39,103 19,405 [* 24]
2014年(平成26年) 39,046 19,362 [* 25]
2015年(平成27年) 38,666 19,153 [* 26]
2016年(平成28年) 38,921 19,323 [* 27]
2017年(平成29年) 39,097 19,392 [* 28]
2018年(平成30年) 39,159 19,425 [* 29]
2019年(令和元年) 38,713

ギャラリー編集

駅周辺編集

駅周辺は京王線地下化に伴う再開発によって大きく変貌した。2000年にココスクエア、2004年に「グランタワーコクティー」と2つの再開発ビルが完成し、調布市の公共施設も入居したことで、駅前に商業施設と公共施設の集積が進み、利便性が大きく向上した。

駅前広場編集

駅周辺編集

バス路線編集

小田急バス狛江営業所)による運行。

京王線の地下化により、いわゆる「開かずの踏切」での待ち時間がなくなり、駅前バスロータリーが完成したことで、路線バスの利便性も向上しつつある。

駅前再開発工事の進捗に伴い、2015年1月31日始発より、バスのりばをコクティー西友前の仮設停留所に移設[9]

駅前広場バスロータリーの完成により、2016年3月16日始発から、バスのりばをココスクエア調布前の停留所に移設。すべての路線が駅前広場バスロータリーを経由するようになる[10]

それに伴い、狛江通りの「国領駅入口」停留所(境91系統の調布駅・武蔵境駅方向のみ停車)は「国領四丁目」と改称された[10]

隣の駅編集

京王電鉄
  京王線
京王ライナー特急・準特急・急行・区間急行・快速
通過
各駅停車
柴崎駅 (KO15) - 国領駅 (KO16) - 布田駅 (KO17)

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

出典編集

  1. ^ 京王グループ 1日の駅別乗降人員
  2. ^ 調布市統計書 - 調布市
  3. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  4. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  5. ^ 全国都道府県別SC一覧(2018年末現在) 一般社団法人日本ショッピングセンター協会
  6. ^ “マルエツ「国領店」が健康情報の提供開始”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年6月30日)
  7. ^ “西友「西友国領店」、新店初の24時間営業”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年11月10日)
  8. ^ 「西友「西友国領店」、新店初の24時間営業」日本食糧新聞 日本食糧新聞社、2004年11月26日
  9. ^ 停留所の移設について【国領駅】 2015年1月20日、小田急バス公式Webサイト
  10. ^ a b 停留所移設・名称変更のお知らせ 2016年3月9日、小田急バス公式Webサイト

利用状況編集

東京都統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集