國方俊男

日本の外交官

國方 俊男(国方 俊男、くにかた としお、1952年昭和27年)10月11日 - )は、日本外交官チェコ駐箚特命全権大使等を経て、2013年平成25年)9月から北極担当特命全権大使2014年平成26年)9月からノルウェー駐箚特命全権大使。

経歴・人物編集

広島県出身。東京教育大学附属駒場高等学校(現筑波大学附属駒場高等学校)を経て、東京大学法学部在学中の1975年(昭和50年)11月に外務公務員採用上級試験に合格した。1976年(昭和51年)東大法学部を卒業して外務省に入省した。

ドイツ語研修[1]、ドイツ(2回)、スイス、南アフリカ、イスラエルでの在外勤務を経て[2]、外務省総合外交政策局国際社会協力部人権難民課長、総理府国際平和協力本部参事官在ロサンゼルス日本国総領事館首席領事デュッセルドルフ総領事2007年(平成19年)ホノルル総領事、2009年(平成21年)7月ブラジル大使館次席公使

2011年(平成23年)4月からチェコ駐箚特命全権大使[3]2013年(平成25年)9月から北極担当特命全権大使2014年(平成23年)9月5日からノルウェー駐箚特命全権大使。2018年(平成30年)9月21日から白鴎大学客員教授[4]。趣味はテニスカラオケ

同期編集

脚注編集

  1. ^ https://www.nikkeyshimbun.jp/2009/091202-64colonia.html
  2. ^ https://hakuoh.jp/business/teacher/203
  3. ^ (日本語) 〔チェコ大使〕国方 俊男氏”. 時事ドットコム (2011年3月22日). 2011年5月22日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ [1]外務省

外部リンク編集