園佳也子

日本の女優 (1929-2010)

園 佳也子(その かやこ、1929年10月7日[2][注釈 1] - 2010年7月27日)は、日本女優東京府(現・東京都)生まれ、大阪市天王寺区育ち。神戸女学院中学部神戸女学院高等学部神戸女学院大学文学部卒業[1]

その かやこ
園 佳也子
本名 清水 禧子[1]
生年月日 (1929-10-07) 1929年10月7日
没年月日 (2010-07-27) 2010年7月27日(80歳没)
出生地 日本の旗 東京府
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
配偶者 なし
主な作品
テレビドラマ
細うで繁盛記』〈日本テレビ版〉
ありがとう
映画
どですかでん
吉原炎上
CM
KINCHO(サッサ)
テンプレートを表示

人物・略歴編集

1953年NHK大阪放送劇団の聴講生になり、同局の『ボーナス』に出演し、テレビ草創期から活動。

芸名は、ジャズ喫茶クラブ歌手として活動していた当時、同時期に活動していた歌手が「花園」「田園」など園の付く字の芸名を名乗っていた人が多かったことから「園」、佳也子はちょうどその当時読んでいた本の主人公の名から採った[1]

1960年には『水戸黄門 天下の大騒動』で映画デビュー。舞台も含めて多方面で名脇役として活躍。

1966年に活動拠点を東京に移し、1970年から放映された『細うで繁盛記』に仲居頭のお多福役で出演して人気を集めた。

1977年には東宝現代劇20周年記念舞台『ゆでたまご』で初主演舞台を踏む。

1970年代にはKINCHO(サッサ)のCMで話題となった。

2010年7月29日、自宅の風呂場で倒れているのを親族が発見し、7月27日心不全のために亡くなっていたことがわかった[2]。80歳没。

女優として最後の出演となったのは2006年12月に新橋演舞場で上演された劇団新派公演による舞台『三婆』。それ以降は芸能活動はしていなかった。aRmaに権利者を捜索されている[4]

大阪市天王寺第五尋常小学校の同級生には、日本ユニセフ協会会長で、元文部大臣の赤松良子がいた。

主な出演編集

映画編集

バラエティ編集

テレビドラマ編集

CM編集

音楽編集

シングル編集

発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格 規格品番
テイチクレコード
1978年 A 大阪おんな 岩城健治 水上雅夫 滝野カオル EP RS-116
B ゆでたまご 遠藤公堂
原作: 小幡欣治

タイアップ一覧編集

曲名 タイアップ 収録作品
ゆでたまご 東宝現代劇『ゆでたまご』より シングル「大阪おんな」

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 警察発表の没年齢より。これまでの公称は1934年生まれであった[3]

出典編集

  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年9月23日号「芸名由来記」56頁
  2. ^ a b “名脇役・園佳也子さん死去…80歳、心不全”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年7月30日). オリジナルの2010年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100731170546/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100730-OHT1T00045.htm 2010年7月30日閲覧。 
  3. ^ “園佳也子 〜タレント名鑑〜”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (スポーツニッポン新聞社). オリジナルの2010年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100522160639/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/meikan/sa/sonokayako.html 
  4. ^ 放送番組出演者の方々|一般社団法人 映像コンテンツ権利処理機構aRma”. www.arma.or.jp. 2022年3月5日閲覧。