園田 てる子(そのだ てるこ、1926年[1]11月12日-1976年5月11日[2])は、日本の作家。

埼玉県生まれ。実家は石山家で、金物店。本名・照子。1943年熊谷高等女学校卒。1945年8月14日に園田芳男(1920- 航空技師、戦後は高校の数学教師)と結婚する。1950年頃から倶楽部雑誌や学習雑誌に小説を発表。次第に官能小説が多くなり、トルコ風呂(本番はなし)[3]での体当たり体験ルポなども書いた。女流推理作家の集まり「霧の会」の会員でもあった。晩年は歴史小説に挑むが、自動車に撥ねられて即死した[4]

著書編集

脚注編集

  1. ^ 1927年とされていたが光石亜有美の調査で26年とされる。
  2. ^ 『著作権台帳』
  3. ^ ソープランド」ではない。
  4. ^ 光石亜由美「園田てる子評伝 戦後の恋愛風俗を描いた女性作家」『奈良大学紀要』2014-03