メインメニューを開く

園田 実(そのだ みのる、1884年4月4日 - 1937年10月8日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍少将[1]男爵

目次

経歴編集

東京出身。男爵・園田安賢の長男として生まれる。1906年11月、海軍兵学校34期)を優等で卒業し、翌年12月に海軍少尉任官。海軍砲術学校高等科学生、海軍大学校乙種学生として学び、「摂津分隊長、軍令部出仕、練習艦隊参謀、「比叡」分隊長などを経て、1918年11月、海軍大学校(甲種16期)を卒業。以後、軍令部参謀、兼海大教官、兼海軍教育本部員(第二部)を経て、1921年4月、英国大使館武官補佐官に発令されロンドンに赴任し、1923年6月まで在任した。

1923年10月、軍令部出仕となる。1924年2月、「平戸」副長に就任し、軍令部出仕を経て海大教官に異動。1925年1月31日、父の死去に伴い男爵を襲爵した[2]1926年12月、海軍大佐に昇進。その後、軍令部出仕、軍令部参謀(第3班第6課長)を経て、1929年12月、「北上」艦長に就任。1930年10月20日、特別大演習における夜間演習で航続していた「阿武隈」が「北上」の左舷中央部に衝突し損傷を受けている。同年12月、横須賀鎮守府付に異動。

1931年2月、「榛名」艦長に就任。軍令部出仕を経て、1932年3月、「長門」艦長となる。1932年12月、海軍少将に進級し海大教頭に異動。1933年11月、横須賀鎮守府参謀長、さらに、1934年9月、海軍省教育局長に着任。1935年3月、軍令部出仕となり、待命を経て1936年7月、予備役に編入された。翌年10月に死去。

年譜編集

  • 1932年(昭和7年)12月1日 - 海軍少将・海軍大学校教頭
  • 1933年(昭和8年)11月15日 - 横須賀鎮守府参謀長
  • 1934年(昭和9年)9月20日 - 海軍省教育局長
  • 1935年(昭和10年)3月15日 - 軍令部出仕
  • 1937年(昭和12年)10月8日歿
  • 艦長歴 北上、榛名、長門

親族編集

脚注編集

  1. ^ 参考文献『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』、『日本陸海軍人名辞典』では没後に任中将と記載している。しかし、『日本陸海軍人名辞典』と同じ編者により翌年に出版された『日本海軍将官辞典』218頁には中将昇進の記載がない。また、旧厚生省所蔵の「奉職履歴正本」などを用いて作成され、信頼性が高いと思われる参考文献『日本海軍史』第10巻、169 - 170頁でも中将昇進の記載はないため、現時点では少将とする。
  2. ^ 『官報』第3732号、大正14年2月2日。

参考文献編集

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第10巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 千田稔『華族総覧』講談社〈講談社現代新書〉、2009年。
  • 福川秀樹『日本陸海軍人名辞典』芙蓉書房出版、1999年。


日本の爵位
先代:
園田安賢
男爵
園田(安賢)家第2代
1925年 - 1937年
次代:
園田耠一