團 伊能(だん いのう、1892年2月21日 - 1973年2月9日)は、日本実業家政治家美術史家者。男爵

團 伊能
だん いのう
團伊能(1956年)
生年月日 (1892-02-21) 1892年2月21日
出生地 日本の旗 日本 福岡県大牟田市
没年月日 (1973-02-09) 1973年2月9日(80歳没)
死没地 日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
出身校 東京帝国大学
前職 美術史家
実業家
所属政党日本自由党→)
民主自由党→)
自由党→)
日本民主党→)
称号 正四位
勲二等瑞宝章
紺綬褒章
配偶者 團美智子

貴族院男爵議員
在任期間 1946年5月11日 - 1947年5月2日

選挙区 福岡県選挙区
当選回数 2
在任期間 1947年 - 1955年1月
テンプレートを表示

人物・来歴 編集

1892年三井合名会社理事長團琢磨の長男[1]として、福岡県大牟田市に生まれる[2]

東京帝国大学文学部美術史学科で瀧精一に師事。ハーヴァード大学ロンドン大学およびリヨン大学に学ぶ。東京帝国大学文学部美術史学科助教授時代の門人に坂倉準三富永惣一今泉篤男などがいる。デビュー作『パリ万国博覧会日本館』を設計する機会を坂倉に与えたのは團だった。また、坂倉の初期の代表作で昭和期の代表的な住宅建築である飯箸邸(東京都世田谷区等々力)は、1941年に團の都内別邸として建てられたものである。

1932年8月に福岡市教育事業費として5万円寄付、同年9月に大牟田市教育資金として2万円寄付により1933年6月14日及び1941年5月3日紺綬褒章受章(いずれも飾版)[3][4]

病気のために東京帝大助教授を辞した後は、国際文化振興会常務理事としての仕事以外は社会的な活動のほとんどから引退し、ゴルフ、茶道、文学など風流の世界に生きた。尾崎紅葉川上眉山小栗風葉泉鏡花森鷗外夏目漱石上田敏永井荷風岩野泡鳴二葉亭四迷島崎藤村山田美妙横瀬夜雨北原白秋堀口大學などの初版本を所蔵し、自分の子供たちにはこれらの文学者の作品を徹底的に読ませ、必ず感想を言わせる文学教育を施していた[5]。美術品の蒐集家としても知られ、コレクションはウォーナーリストにも記載されている。1944年池大雅『楼閣山水図』(現在は国宝)などを東京国立博物館に寄贈した。また、1945年の東京大空襲で、重要美術品認定の持仏堂などを焼失した。

1946年5月11日、貴族院男爵議員に補欠選挙で当選し[6][7]公正会に所属し1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[8]。1947年、第1回参議院議員通常選挙福岡県選挙区から日本自由党公認で出馬して当選し[9]、その後、民主自由党に所属。1950年第2回参議院議員通常選挙でも自由党公認で出馬して2度目の当選を果たしたが[10]、任期途中の1955年1月に、衆議院への鞍替え立候補のため議員を辞職する。しかし、翌月実施された第27回衆議院議員総選挙では、日本民主党から出馬した福岡県第1区(定数5)においてわずか53票差での落選(次点)となった。

実業家としては、ブリヂストン自転車工業(現ブリヂストンサイクル)社長、プリンス自動車工業(現日産自動車)社長、九州朝日放送会長を歴任。1957年には、父が建てた別邸を改装して箱根ハイランドホテルを開業。

1965年秋の叙勲で勲二等瑞宝章受章[11][12]

1973年2月9日心不全と肺感染症を併発により神奈川県横須賀市横須賀市立市民病院で死去、80歳没[11]。死没日をもって従四位から正四位に叙され、銀杯一組を賜った[13]

家族・親族 編集

弟は生物学者團勝磨[1]。長姉・めいは三井鉱山の社長を務めた牧田環に、三姉・スミは日本石油(現ENEOS)の社長を務めた小倉房蔵に嫁いだ[14]。1932年に結婚した妻・美智子は宮内省大膳頭を務めた上野季三郎の五女[15][16][17]。美智子の次姉・英子が服部金太郎の長男で服部時計店(現セイコーグループ)の2代目社長を務めた服部玄三[15]、三姉・冨美子が加藤高明の次男で東明火災海上保険(現日新火災海上保険)の取締役を務めた加藤厚太郎[15][18][19][20]、四姉・米子が佐々木高行の孫で元神宮大宮司佐々木行忠にそれぞれ嫁いだため[15][21],美智子の実家・上野家を通じて服部家・加藤家・佐々木家は團家の親戚となった[15]。長男の團伊玖磨は作曲家[1]日産プリンスのCMソング『スカイラインの歌』は伊能の作詞、伊玖磨の作曲で、親子の共作である。長女の朗子(さえこ)はブリヂストンタイヤ(現ブリヂストン)会長石橋幹一郎に嫁した[1][14]。孫は群馬大学教育学部美術専攻教授の團名保紀[1]、建築家の團紀彦(二人は異母兄弟)[1]。曾孫に女優の團遥香(伊玖磨の孫娘[22])。朗子が嫁いだ石橋家を通じて、内閣総理大臣鳩山一郎鳩山由紀夫親子も團家の遠縁の親戚となった[14][23]

系譜 編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由紀夫
 
紀一郎
 
 
 
 
鳩山和夫
 
一郎
 
威一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
服部金太郎
 
玄三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英子
 
 
安子
 
 
 
 
 
 
 
太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤厚太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エミリ
 
 
 
 
 
 
 
 
上野季三郎
 
 
石橋正二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
華子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
J・K・ベアード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐々木行忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
理沙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
米子
 
 
幹一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美智子
 
 
朗子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
名保紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團伊能
 
 
團伊玖磨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紀彦
 
遥香
 
 
 
 
 
 
 
 
スミ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知恵子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團琢磨
 
 
小倉房蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小倉重勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳子
 
 
めい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
齊藤了英
 
公紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧田環
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝磨
 
まりな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金子武麿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金子堅太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キヨ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なか
 
川崎肇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二代目川崎八右衛門
 
川崎守之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著書 編集

訳書 編集

  • 『歌物語オーカツサンとニコレツト』春陽堂、1923年

脚注 編集

注釈・出典 編集

  1. ^ a b c d e f 小谷野『日本の有名一族』、45-46頁。
  2. ^ 團伊能 東京文化財研究所 2018年7月16日閲覧。
  3. ^ 官報 1933年6月15日 四五五頁
  4. ^ 官報 1941年7月8日 二四六頁
  5. ^ 團伊玖磨『青空の音を聞いた』p.29
  6. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年、57頁。
  7. ^ 『官報』第5815号、昭和21年6月5日。
  8. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』77頁。
  9. ^ 第1回参議院議員通常選挙 福岡県選挙区 選挙結果
  10. ^ 第2回参議院議員通常選挙 福岡県選挙区 選挙結果
  11. ^ a b 東京文化財研究所 編『日本美術年鑑 昭和49・50年版』東京国立文化財研究所、2020年、242頁https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/9473.html2023年1月12日閲覧 
  12. ^ 『官報』第11670号15頁 昭和40年11月4日号
  13. ^ 『官報』第13844号16-17頁 昭和48年2月19日号
  14. ^ a b c 佐藤『豪閥』、189頁。
  15. ^ a b c d e 佐藤『門閥』、449-451頁。
  16. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、633頁。
  17. ^ 邸園の継承 藤田邸における更新計画菰田裕太、東海大学、2009
  18. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、258頁。
  19. ^ 『大正人名辞典 III 上巻』、カ - 5頁。
  20. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』、26頁。
  21. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、427頁。
  22. ^ 【来る年・来る娘】團遥香 - SANSPO.COM 2011年1月4日
  23. ^ 麿は磨ちがい団ちがい ~ 團家の人々 ~

参考文献 編集

日本の爵位
先代
團琢磨
男爵
團家第2代
1932年 - 1947年
次代
華族制度廃止