メインメニューを開く

略歴・人物編集

イタリア語に堪能であり、研究発表も基本的にイタリア語で行う。

家族・親族編集

父は作曲家の團伊玖磨[1]。祖父は東京帝国大学文学部美術史学科助教授、参議院議員、プリンス自動車(現・日産自動車)社長、九州朝日放送会長を歴任した團伊能[1]。曾祖父は三井合名理事長、血盟団事件で暗殺された團琢磨[1]。祖母は宮内省大膳頭を務めた上野季三郎の五女・美智子[2][3]。大伯母の英子[脚注 1]服部金太郎の長男で服部時計店の2代目社長を務めた服部玄三に[2]、同じく大伯母の冨美子[脚注 2]加藤高明の次男で東明火災海上保険(現・日新火災海上保険)の取締役を務めた加藤厚太郎[2][4][5][6]、同じく大伯母の米子[脚注 3]佐々木高行の孫で元神宮大宮司佐々木行忠に嫁いだため[2][7]セイコーの創業者一族・服部家や三菱財閥の創業者一族・岩崎家及び住友財閥の創業者一族・住友家は名保紀の親戚となった[脚注 4][2]

また、異母弟に日本建築学会賞業績賞受賞の建築家團紀彦がいる[1]。また紀彦の娘は女優・タレントの團遥香である[脚注 5][8][9]

叔母・朗子[脚注 6]ブリヂストンの社長を務めた石橋幹一郎に嫁いだため、ブリヂストン創業者の石橋正二郎や元内閣総理大臣鳩山一郎鳩山由紀夫も名保紀の遠縁の親戚となった[10]

系譜編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳩山由紀夫
 
鳩山紀一郎
 
 
 
鳩山和夫
 
鳩山一郎
 
鳩山威一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
服部金太郎
 
服部玄三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英子
 
 
安子
 
 
 
 
 
 
 
鳩山太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳩山邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤厚太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳩山二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エミリ
 
 
 
 
 
 
 
上野季三郎
 
 
石橋正二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
華子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
J・K・ベアード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐々木行忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
理沙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
米子
 
 
石橋幹一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋寛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美智子
 
 
朗子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團名保紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團伊能
 
 
團伊玖磨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團紀彦
 
遥香
 
 
 
 
 
 
 
スミ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知恵子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團琢磨
 
 
小倉房蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小倉重勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳子
 
 
めい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
齊藤了英
 
齊藤公紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧田環
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團勝磨
 
まりな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

研究分野編集

主にイタリア美術史

著書・論文編集

著書編集

  • 『日伊文化研究』 (日伊協会、1980年)
  • 『ファッツィーニ展』(世田谷美術館、1990年)
  • 『総合芸術としてのティーノ作皇帝ハインリッヒ七世の墓』(溪水社刊、1995年)
  • 『La Tomba di Arrigo VII di Tino di Camaino e il Rinascimento』(Ediz. Pan Arte, Firenz、1993年)
  • 『皇帝ハインリッヒ七世の墓 -その最新発見部分をふまえ-』(スパチオ研究所、1993年)
  • 『視点オピニオン21[シリーズ2-2]建築・芸術・文化関係編』(上毛新聞社、1999年)
  • 『イル・ソドマ』(鹿島出版会、1991年)
  • 『Omaggio al VII centenario della nascita di Tino di Camaino La Madonna di Torino e la Carita' Bardini : opere pisane di Tino』(Ediz. Pan Arte, Firenze、1991年)
  • 『「山月記」をよむ』(三省堂、2002年)

論文編集

  • 『ダンテの神秘とベアトリーチェ、そして皇帝ハインリッヒ七世』 (群馬大学図書館報LINE、2003年)
  • 『「無原罪のお宿り」を表わす初期ドナテッロ作大理石製聖母子像』 (東北芸術文化学会会報、2004年)
  • 『フィリッポ・ブルネッレスキ作「初の科学的遠近法絵画・フィレンツェ洗礼堂図」の再構築』(東北芸術文化学会会報、2003年)
  • 『ピサ大聖堂内ティーノ作聖バルトロメオの祭壇と三立像形式のルネッサンス絵画』(東北芸術文化学会、2003年)
  • 『ティーノ作皇帝ハインリッヒ七世の墓のルネッサンスへの影響12 15世紀フィレンツェ絵画-その2-』(群馬大学教育学部紀要 芸術・技術・体育・生活科学編、2004年)

他多数

所属学会編集

  • 東北芸術文化学会 (副会長)
  • 京都美術史研究会 (会長)
  • 美学会
  • 美術史学会
  • 意匠学会

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 英子は上野季三郎の次女で美智子の次姉にあたる。
  2. ^ 冨美子は上野季三郎の三女で美智子の三姉にあたる。
  3. ^ 米子は上野季三郎の四女で美智子の四姉にあたる。
  4. ^ 加藤高明の妻すなわち加藤厚太郎の母は岩崎弥太郎の長女であり[5][6]、佐々木行忠・米子夫妻の長男・行美は住友友成の長女と結婚している[2]
  5. ^ 遥香は名保紀の姪にあたる。
  6. ^ 朗子は伊能・美智子夫妻の長女で伊玖磨の妹にあたる。

出典編集

  1. ^ a b c d 小谷野『日本の有名一族』、45-46頁。
  2. ^ a b c d e f 佐藤『門閥』、449-451頁。
  3. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、633頁。
  4. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、258頁。
  5. ^ a b 『大正人名辞典 III 上巻』、カ - 5頁。
  6. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』、26頁。
  7. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、427頁。
  8. ^ 【来る年・来る娘】團遥香 - SANSPO.COM 2011年1月4日
  9. ^ 麿は磨ちがい団ちがい ~ 團家の人々 ~
  10. ^ 佐藤『豪閥』、189-190頁。