土井 利則(どい としのり)は、下総国古河藩主。土井家宗家13代。

 
土井利則
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保2年9月17日1831年10月22日
死没 明治24年(1891年8月26日
改名 鋤抵若(幼名)、利則
別名 内膳(通称
戒名 覚誉利則義道天誠院
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺の誓願寺
茨城県古河市大手町の正定寺
官位 従五位下大炊頭織部正
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂慶喜
下総古河藩
氏族 藤堂氏土井氏
父母 藤堂高秭土井利亨
兄弟 整子、細子、石田鉄雄、鈴子、重卯子、
錫子、寅久子、鋤抵若、利則
土井利亨養女心誠院
利与、福子、大岡忠貫正室、守巣
テンプレートを表示

生涯編集

天保2年(1831年)9月17日、伊勢久居藩主・藤堂高秭の四男として生まれる。弘化4年(1847年)3月7日に先代の古河藩主・土井利亨の養子となる。嘉永元年(1848年)11月8日、養父の死去により家督を継ぐ。同年11月15日、将軍徳川家慶に拝謁する。同年12月16日に従五位下・大炊頭に叙任する。隠居後は織部正に改めた。

藩政では西洋砲術の演習、武芸の奨励、片町教武所の創設などに尽力しているが、病弱だったために藩政を執ることが次第に困難となり、慶応3年(1867年)4月5日に家督を長男の利与に譲って隠居した。

明治24年(1891年)8月26日に死去。享年61。

系譜編集