メインメニューを開く

土井 利寛(どい としひろ)は、越前大野藩の第3代藩主。利房系土井家3代。

 
土井 利寛
時代 江戸時代中期
生誕 享保3年9月24日1718年10月17日
死没 延享3年8月16日1746年9月30日
別名 巳之助(幼名)
戒名 全性院殿前伊州法誉義海徳潤居士
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺
福井県大野市錦町の善導寺
官位 従五位下、伊賀
越前大野藩主
氏族 土井氏
父母 父:土井利知、母:諏訪氏(観性院)
正室:仙石政房の娘・通
側室:坂上氏(授光院)
2男2女:利貞(長男)、利邦(次男)

1718年9月24日、第2代藩主・土井利知の長男として江戸目白台関口の下屋敷で生まれる。1732年、従五位下、伊賀守に叙任する。1743年4月9日、父の隠居により家督を継ぐ。

藩政においては、「江戸法令」「大野家中法令条々」、伝馬規定など、藩の法制整備を行なっている。しかし1746年8月16日、家督相続から3年で江戸藩邸にて死去した。享年29。跡を長男の利貞が継いだ。