土井 利里(どい としさと)は、江戸時代中期の大名肥前国唐津藩4代藩主、下総国古河藩主。京都所司代。土井家宗家8代。

 
土井利里
時代 江戸時代中期
生誕 享保7年(1722年
死没 安永6年8月14日1777年9月15日
改名 幾之助(幼名)、利里
別名 左門(通称
戒名 広智院殿勇誉仁翁理玄大居士
墓所 茨城県古河市大手町の正定寺
官位 従五位下大炊頭従四位下侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
肥前唐津藩主、下総古河藩
氏族 土井氏
父母 土井利清土井利益
土井利延
兄弟 利延利里
土井利知
利剛利建利見三保子青山忠裕正室
テンプレートを表示

生涯編集

5000石の大身旗本土井利清の次男として生まれる。本家の唐津藩主家を相続していた兄の利延が死去したため、その養子となって家督を相続した。

幕府では奏者番となった後、国替されて家祖利勝時代の領地古河へ復帰する。さらに寺社奉行を経て京都所司代にのぼり、老中の一歩前まで来たところで死去した。

利里も子に恵まれず、はじめ旗本久世広武の四男を迎え、利剛と名乗らせ養嗣子としていたが早世した。その後、川越藩松平朝矩の長男を迎え、利建と名乗らせていたが、安永4年(1767年)に廃嫡した。次いで西尾藩松平乗祐の十男の才百を迎え、利見と名乗らせ家督を相続させた。

年表編集

官歴編集

系譜編集

先代:
土井利延
土井宗家8代当主
1744年 - 1777年
次代:
土井利見