メインメニューを開く

土井 敏邦(どい としくに、1953年 1月8日 - )は、日本の中近東フリージャーナリスト、フリー・ライター、映画監督。パレスチナ問題や慰安婦問題を主に取材している。

土井 敏邦
生誕 1953年1月8日
日本の旗 日本佐賀県旧牛津町、現小城市
別名 砥川春樹
教育 広島大学総合科学部
職業 フリージャーナリスト映画監督ジャーナリスト
配偶者 土井幸美[1]
子供 なし

目次

経歴編集

佐賀県牛津町(現・小城市)生まれ[2]神奈川県横浜市神奈川区在住[3]。1968年旧牛津町立牛津中学校(現・小城市立牛津中学校)卒業[4]、1971年佐賀県立小城高等学校卒業[5]、土井は医学部への入学を目指して3浪をしていたが医学部における大学入試に失敗し、1974年に広島大学総合科学部に6月入試によって1期生として入学した。しかしながら、土井は広大在学中においても医学部への進学という夢を断ち切れず仮面浪人を行っていたが失敗し、医学部への道を断念した[6]。広島大学在学中に世界を放浪するなかでイスラエルキブツに滞在しパレスチナガッザ地区に渡航したことがきっかけでパレスチナ問題に関心を抱き、広大においてはマルクス主義者であり日本共産党の党員であった芝田進午を指導教授としてパレスチナ問題に関する卒論の指導を受け[7]、1981年同大学同学部を卒業する。

PLO駐日代表部により出版されフォトジャーナリストの広河隆一が編集長であった「フィラスティン・びらーでぃ」[8]と称する月刊誌の中東専門雑誌記者、朝日ジャーナル嘱託記者を経てフリー。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会の会員でもある。1985年以来、断続的に延べ5年以上、イスラエルとその占領地(パレスチナ)の難民キャンプや村に滞在して取材を続けている。また、土井はかつて「砥川春樹」というペンネームで執筆活動を行っていた[9]。なお、土井の年収は100万円未満である[10]

また1986年からのべ12カ月間、アメリカ各地でユダヤ人パレスチナ人を取材し『占領と民衆──パレスチナ』『アメリカのユダヤ人』『アメリカのパレスチナ人』の三部作を完成。

1990年湾岸危機ではアメリカのユダヤ人社会とアラブ人社会の反応を、また翌年1月の湾岸戦争ではイスラエルで占領地のパレスチナ人とイスラエル国民の反応を取材し『朝日ジャーナル』に連載。3月から2カ月間、NHKスペシャル「アメリカのパレスチナ人」制作をコーディネイト。

1993年パレスチナ暫定自治合意を機に再びパレスチナガザ地区の難民キャンプやイスラエル国内に長期滞在し取材、ETV特集「失業と解放の1年-パレスチナ難民エルアグラ家の場合」(1994年)「パレスチナ和平の陰で──ある家族の6年」(1999年)、また「ニュースステーション」の特集で6回にわたって現地報告。

2010年6月5日朝に脳梗塞を発症して入院するが、会話のできる状態に病状が治まった。2015年には、従軍慰安婦に関する新作ドキュメンタリー映画『“記憶”と生きる』の公開やトークショーを行った[11]。土井は長年にわたって様々な映像作品を製作し続けてきたが、その映像をより多くの人たちに視聴してもらうことを目的として2016年12月5日に「土井敏邦オンライン・ショップ」を立ち上げている[12][13]。なお、「土井敏邦オンライン・ショップ」は英語版もあるけれども、JapaneseをJapaneaseとスペルミスしている[14]

日本における活動編集

また、日本国内に関する映画では、根津公子佐藤美和子及び土肥信雄という東京都教育委員会の職務命令による君が代斉唱の監視・強制を拒否する3名の教師の姿を記録する映画として2010年に『“私”を生きる』を制作し、その映画は2010年に「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル奨励賞」を受賞し、2011年には「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に正式に出品した[15]。そして、東日本大震災及び福島第一原子力発電所の事故に関する映画として2012年に『飯舘村 放射能と帰村』を制作し、「ゆふいん文化・記録映画祭 第5回 松川賞」を受賞した。そして、土井は『飯舘村 放射能と帰村』の英語版としてThe Town of Iitate Radiation and the Return Homeを制作した[16]。さらに、土井は2018年に福島第一原発事故に関して『福島は語る』と称するドキュメンタリー映画をリリースし、被災者の人生に多大な悪影響をもたらした日本の原子力業界に対してだけではなく、福島産の食料を摂取することを忌避するうごきに対しても批判している[17]

土井は従軍慰安婦とされた朝鮮人の問題に関しても深い関心を抱き、2015年には『“記憶”と生きる』という従軍慰安婦問題に関するドキュメンタリー映画を制作した[18]。この映画の製作直後にはトークショーが実施され、全国的に自主上映が行われている[19]。2017年4月15日にはさいたま市チネマ・カプチーノにおいてさいたま市教育委員会の後援により自主上映が実施予定だったが、この映画には慰安婦に関する歴史的な事実関係に誤りがありかつ政治的に極めて偏向しているという抗議を多数の市民から受けたことにより、さいたま市教育委員会による後援は取り下げられた[20][21]。なおチネマ・カプチーノにおける自主上映は予定通り実施された[22]

また、土井は他の女優らによる芸術活動に関しても積極的に支援している。具体的には、女優の秋田遥香が2018年に『白い花を隠す』と称する演劇を行った際に、土井はフェミニストの北原みのりとともにアフター・トークを行った[23]

土井は日本においてフリージャーナリストシリアイラクなどの紛争地に渡航して取材することに対して日本の世論が極めて批判的になっていることに対して警鐘を鳴らし、2015年1月にイスラム国テロリストが湯川遥菜及び後藤健二両氏を殺害した直後に、フリーの写真家がシリアに渡航しようと計画していたが外務省から旅券を没収されたことをきっかけとして、他のフリージャーナリストとともに「危険地報道を考えるジャーナリストの会」を立ち上げ、シリアやイラクなど紛争地に渡航して取材するフリージャーナリストの活動の意義や重要性を主張している[24]

また、土井は日本の政治に関しても社会的発言や社会的活動を行っており、例えば「特定秘密保護法の違憲確認と施行差し止めを求める訴訟」の原告として名を連ねている[25]

なお、土井はパレスチナ問題を取材対象とするジャーナリストとして戦場カメラマンの広河隆一に対して敬意を示し、広河隆一による女性に対する性暴力が明らかになり広河が様々な人たちから激しく批判された際にも、広河隆一の業績を否定すべきではないと強く主張し、広河を擁護した[26]

東アジア及び東南アジア諸国における活動編集

アジアでは、1982年の「教科書問題」を機に在韓被爆者を取材、1991年には韓国民主化運動の元学生指導者たちのその後を、さらに1994年から1998年まで韓国の元慰安婦たちの現状を追い、NHKETV特集「『分かち合い(ナヌム)の家』のハルモニたち」、NHK・BS特集「戦争・心の傷の記憶」で元慰安婦、姜徳景の半生を描いたドキュメンタリーを制作。1996年、タイ北部の農村でエイズ孤児を取材しETV特集「タイのエイズ孤児たち」を放映、翌年、ベトナム性的暴行を受けるストリートチルドレンの少女たちを追い、ETV特集「傷つけられる少女たち-ベトナム・ストリートチルドレン物語」を制作。

1998年からはタイ・ミャンマー国境の密林地帯や日本国内で民主化活動を続けるミャンマー人青年たちを取材し、ETV特集「密林キャンプからの報告─タイ・ミャンマー国境地帯」を、7月には「在日ビルマ人の民主化活動家・ティンチー」(日本テレビ「きょうの出来事」)を放映。さらに、日本政府難民政策を追及した「『難民』が直面するニッポンの壁」「傷つけられる難民申請者たち」(いずれもTBS報道特集」)「強制送還された難民申請者」(日本テレビきょうの出来事」)を制作。2013年、日本で生活しているミャンマー人に関するドキュメンタリー映画『異国に生きる』を横井朋広とともに作成した。この映画は「文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞」を受賞した。

パレスチナにおける活動編集

2000年秋、パレスチナで第二次インティファーダ民衆蜂起)が始まって2ヵ月後の2005年12月から2ヵ月間、イスラエルパレスチナ自治区ヨルダン川西岸ガザ地区に滞在し、イスラエルパレスチナ両面から取材、NHKETV特集で「イスラエル・パレスチナからの報告」(2夜連続)を放映、第1部はエルサレム問題をテーマにした「憎悪の震源地・エルサレム」、第2部はテロで娘をパレスチナ人に殺戮されながらも和平を求めるイスラエル人夫婦が、イスラエル兵士に息子を殺されたパレスチナ人との対話を描いた「平和への詩(うた)」。

2002年以後もパレスチナイスラエル取材を継続し、ガザ地区最南端の街ラファでの家屋破壊、ナーブルス市郊外のバラータ難民キャンプのイスラエル軍の包囲、ジェニーン難民キャンプでの虐殺、分離壁、イスラエル軍のラファ侵攻、ガザのユダヤ人入植地撤退などについてNHK、TBSテレビ、日本テレビなどで放映、また複数の著書、雑誌記事などで発表した。

パレスチナ・イスラエル取材結果を数本のドキュメンタリー映画にまとめ、2009年に劇場公開された『沈黙を破る』は、2009年度(第83回)キネマ旬報ベスト・テン 文化映画部門 第1位、2009年度日本映画ペンクラブ会員選出・文化映画ベスト1、第9回石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞受賞を獲得した。また、土井はガザ地区に関して取材を行い、第一部は「ラジ・スラーニの道」、第二部「2つのインティファーダ」、第三部「ハマスの台頭」、第四部「封鎖」、第五部「ガザ攻撃」という五部作である『ガザに生きる』という映画をカンパを受けて制作した[27]

イスラエルの戦闘行為に厳しい態度を取ることが多いため、イスラエルでのプレスカード取得(これがないと、イスラエル側からのガザ地区入りはできない)はしばしば難航した。しかし最終的には取材許可は下りていた。しかし2009年8月23日、西エルサレムのイスラエル情報省プレスオフィスでプレスカード取得を申請した際には、ついにプレスカード取得は許可されなかった。担当係官は、「以前にも警告したはずだが、プレスカードは報道機関の関係者に出すもので、ドキュメンタリー制作には基本的には出せない」と主張した[28]。10月、今度は日本の報道機関からAssignment letter(委任状、付与状)を得た上で、現地特派員を介して取材を申請した。しかしプレスオフィスは「日本のイスラエル大使館の推薦が必要だ」と主張したため、土井はイスラエル大使館を訪問して取材目的を説明した。大使館は推薦に同意したが、結局取材許可は下りなかった。その後、ユダヤ人入植地の地元紙『イスラエル・ナショナル・ニューズ[29]』で、プレスオフィスのダニー・シモン代表の発言として、「イスラエルは、事実を伝えない反ユダヤ主義のジャーナリストは認めないと語った。シモン氏は、意図的に虚偽を伝え、ハマスの犯罪を隠蔽するための“イチジクの葉”の役割を果たしているジャーナリストたちがいると強調した」と報じた[30]。すなわち、土井は「反ユダヤ主義者」であるとイスラエル取材当局にみなされたのだろうと推定し、報道規制に対して抗議した[31]

土井は研究者ではなく、イスラエルに対して批判的なジャーナリストであるけれども、長澤榮治をはじめとする中近東を研究対象としている研究者や大学院生との密接な対人関係があり、土井は研究者や大学院生らとともにしばしば共同でシンポジウムを行っている[32]。研究者はアラビア語などの様々な語学を習得し、研究対象に対する研究者の個人的な情動などを表出することなく客観的で冷静に研究し分析を行っている。しかしながら、土井の場合は30年近い年月をかけてパレスチナ問題に取り組んでいるにもかかわらず、パレスチナ研究を行うために必要とされるアラビア語及びヘブライ語語学力はない[33][34][35][36]

土井はガザ地区におけるパレスチナ人弁護士であるラージー・アッ=スーラーニーとの人脈をいかし、写真映像を駆使しながら日本市民社会に対してルサンチマンの雄叫びも含めてわかりやすくイスラエルユダヤ人ユダヤ教に対して批判的な講演活動を精力的に行っている。さらに、土井は2014年夏季は極めて治安が悪い中ガザ地区を取材し『ガザ攻撃 2014年夏』というドキュメンタリー映画を制作した。さらに、土井は2014年10月にガザ地区に在住しているパレスチナ人の弁護士のラージー・アッ=スーラーニーを日本に招聘し、アッ=スーラーニーはガザ地区における現状に関して講演を行い、福島の現状を視察した。また、2017年5月にもラージー・アッ=スーラーニーを招聘して早稲田大学において講演を行うことを企画していたが、ラージー・アッ=スーラーニーはガッザ地区から移動することが不可能であったため、スカイプを用いた講演を実施した[37]。さらに、土井は2017年9月にハ・アレツ紙のイスラエル人ジャーナリストのアミラ・ハスを来日させ、アミラ・ハスによる沖縄や福島などの取材と、アミラ・ハスによる沖縄、東京、京都及び広島における講演を実施した[38]。日本におけるパレスチナ研究者らとの密接な人脈や協力関係を構築し、彼らとのコラボレーションを伴う長年にわたるガッザ地区を中心としたパレスチナに関する貴重な映像記録を残した取材活動や、日本における報道や市民活動が高く評価されたことにより、2016年に「大同生命地域研究特別賞」を受賞した[39][40]。さらに、土井は2018年9月1日に日比谷においてヘブロンをはじめとするヨルダン川西岸地区に関する最新のドキュメンタリー映画を発表し、中近東研究者をはじめとしてパレスチナ問題に関心がある日本の市民社会に対して大々的な反響[要出典]をもたらした[41]。ただし、土井敏邦は2019年現在に至るまでゴラン高原の取材や報道を行っていない。

イラクにおける活動編集

イラク戦争直後から4度にわたりイラクを取材し、とりわけ2004年5月には「ファルージャ侵攻」直後の現場を取材した。その結果はTBSテレビのニュースや岩波ブックレットなどで報告した。2005年4月にはドキュメンタリー映像「ファルージャ 2004年4月」を完成、2005年9月にはイタリアのミラノ映画祭で上映されるなど、アメリカやヨーロッパ各地で上映されている。

著作編集

著書編集

  • 『反戦歌ー唄うこと、そして生きること』(ぴいぷる社)ISBN 9784893740816
  • 『炎となりてー新・韓国を拓いた若者たち』(三一書房)ISBN 9784380942112
  • 『米軍はイラクで何をしたのか―ファルージャと刑務所での証言から』(岩波書店[岩波ブックレット],2004年8月,ISBN 4000093312
  • 『占領と民衆―パレスチナ』(晩聲社)ISBN 9784891881726
  • 『アメリカのユダヤ人』(岩波新書)ISBN 9784004301677
  • 『「和平合意」とパレスチナ』(朝日選書)ISBN 978402259637-6
  • 『現地ルポ パレスチナの声、イスラエルの声』(岩波書店)ISBN 9784000244237
  • 『沈黙を破る―元イスラエル軍将兵が語る“占領”』(岩波書店)ISBN 9784000238496
  • 『ガザの悲劇は終わっていない』(岩波ブックレット)ISBN 9784000094627
  • 『パレスチナ、ジェニーンの人々は語る』(岩波ブックレット)ISBN 9784000092838
  • 『ジャーナリストはなぜ戦場に行くのか-取材現場からの自己検証』(集英社新書)ISBN 9784087208139
  • 『アメリカのパレスチナ人』(すずさわ書店)ISBN 9784795405370
  • 『パレスチナはどうなるのか』(岩波ブックレット)ISBN 9784000094139

映像作品編集

脚注編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 土井敏邦Webコラム:日々の雑感 173:ラジ・スラーニの日本滞在(4)2010年5月28日(金)
  2. ^ 『佐賀新聞』、2015年2月2日
  3. ^ [1]2014年7月2日閲覧
  4. ^ 牛津中だより 『夢』実現!、平成27年12月21日
  5. ^ 『佐賀新聞』、2015年2月2日
  6. ^ インタビュー「パレスチナと私」
  7. ^ インタビュー「パレスチナと私」
  8. ^ 国立国会図書館、フィラスティン・びらーでぃ
  9. ^ 【連載】金子遊のドキュメンタリストの眼⑨ 「パレスチナ映画とその社会」土井敏邦さんトーク
  10. ^ 『中日新聞』、2009年6月3日
  11. ^ 記憶と生きるトークショー
  12. ^ 土井敏邦オンライン・ショップ
  13. ^ 特定商取引法に基づく表記 土井敏邦オンライン・ショップ
  14. ^ 土井敏邦オンライン・ショップ英語版
  15. ^ ドキュメンタリー映画『私を生きる』
  16. ^ 福島原発事故から5年目、映画『飯舘村-放射能と帰村-』
  17. ^ 福島は語る
  18. ^ ドキュメンタリー映画『記憶と生きる』
  19. ^ 記憶と生きる
  20. ^ 『産経新聞』、2017年2月21日
  21. ^ 『朝日新聞』、2017年2月22日
  22. ^ チネマ・カプチーノにおける自主上映
  23. ^ 秋田遥香『白い花を隠す』
  24. ^ 危険地報道を考えるジャーナリストの会
  25. ^ フリーランスライター畠山理仁のブログ 特定秘密保護法訴訟・原告一覧
  26. ^ 日々の雑感 378:「ジャーナリスト・広河隆一」私論
  27. ^ 映画『ガザに生きる』5部作の製作支援のお願い
  28. ^ 土井敏邦 2009年8月30日(日)ヨルダン・イスラエル国境の通過
  29. ^ 公式サイト Israel News | Israel's #1 News Site(英語)
  30. ^ "Israel National News"2009年11月30日'Some Foreign Journalists Are Fig Leafs for Hamas' Reported: 13:33 PM - Nov/30/09(英語)
  31. ^ 土井敏邦 イスラエル政府の報道規制に抗議します 2009年12月27日 記(2010年1月15日 掲載)
  32. ^ 激動する中東情勢・パレスチナはどうなっていくのか
  33. ^ 日々の雑感 318:“パレスチナ”と関わるジャーナリストとして
  34. ^ 土井敏邦・インタビュー、「“伝え手”として生きる」(2)
  35. ^ 日々の雑感 86:拙著『沈黙を破る』を出版に寄せて・「あとがき」から
  36. ^ 現地ルポ『パレスチナの声、イスラエルの声』
  37. ^ 緊急講演・報告会 パレスチナ占領50年・ガザからの報告 ガザ人権活動家ラジ・スラーニ氏講演
  38. ^ アミラ・ハス氏・滞日報告
  39. ^ 公益財団法人 大同生命国際文化基金
  40. ^ 土井敏邦Webコラム 日々の雑感349:大同生命地域研究賞・特別賞を受賞して
  41. ^ 土井敏邦・パレスチナ記録映画最新作・上映会 ヨルダン川西岸地区三部作

関連項目編集

外部リンク編集