メインメニューを開く

土井 裕泰(どい のぶひろ、1964年4月11日 - )は、TBSテレビ(旧TBSエンタテインメント)・制作1部所属のテレビドラマ演出家映画監督広島県広島市、現在の中区鉄砲町出身[1]

どい のぶひろ
土井 裕泰
生年月日 (1964-04-11) 1964年4月11日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県
職業 映画監督演出家
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
私の運命』/『愛していると言ってくれ
真昼の月』/『ビューティフルライフ
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ
Love Story』/『GOOD LUCK!!
空飛ぶ広報室』/『眠りの森
S -最後の警官-』/『コウノドリ』シリーズ
重版出来!』/『逃げるは恥だが役に立つ
カルテット
映画
いま、会いにゆきます』/『涙そうそう
ハナミズキ
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜
映画 ビリギャル
テンプレートを表示

来歴編集

CMディレクターの高田雅博広島学院中学・高校の同級生で、在学中に8ミリ映画を学園祭に出品して腕を競ったり、共同制作もした。子供の頃から映画館に通いつめたが、最も影響を受けた映画は、同郷の長谷川和彦監督『太陽を盗んだ男』だという[1]早稲田大学政経学部卒業。早大時代は劇研に所属、山の手事情社の初期メンバーとして舞台に出演した。同時期に所属した役者に池田成志清水宏らがいる。

大学卒業後、TBSに入社した[1]。以降、テレビドラマの話題作を多数演出する[1]。「TBSのエースディレクター」と言われている。

代表作にドラマ『愛していると言ってくれ』、『ビューティフルライフ』、『GOOD LUCK!!』、『逃げるは恥だが役に立つ』、『カルテット』、映画『いま、会いにゆきます』、『涙そうそう』などがある。

作品編集

テレビドラマ編集

太字はメイン演出担当または単発ドラマ

映画編集

受賞歴編集

書籍編集

共著
  • 映画の言葉を聞く 早稲田大学「マスターズ・オブ・シネマ」講義録(2018年3月24日、フィルムアート社) ISBN 978-4845917105

脚注編集

  1. ^ a b c d 両角晴香 (2017年8月6日). “視聴率は気になります。でも、最後までやりきることの方が大切です。「土井裕泰:演出家・映画監督」”. nextひろしま (東京広島県人会). オリジナルの2018年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180422111205/http://next-hiroshima.net/2017/08/06/interview_nobuhirodoi/ 2018年4月24日閲覧。 
  2. ^ “小栗旬と星野源が昭和最大の未解決事件に翻弄される、小説「罪の声」映画化”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月18日). https://natalie.mu/eiga/news/328379 2019年4月18日閲覧。 
  3. ^ “有村架純&菅田将暉、坂元裕二ワールドへ! 映画「花束みたいな恋をした」製作決定”. 映画.com. (2019年10月30日). https://eiga.com/news/20191030/3/ 2019年10月30日閲覧。 
  4. ^ “世界に見せたい日本のドラマ 『あさが来た』『赤めだか』がグランプリ”. ORICON STYLE. (2016年11月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2081070/full/ 2016年11月7日閲覧。 
  5. ^ ゆうばり映画祭ニューウェーブアワード受賞者決定、勝地涼「身が引き締まる思い」”. 映画ナタリー (2016年2月22日). 2016年2月22日閲覧。
  6. ^ 【特集】第92回ドラマアカデミー賞 結果発表 | ザテレビジョンザテレビジョンKADOKAWA、2017年5月10日閲覧。
  7. ^ アーカイブ:大山勝美賞”. 放送人の会. 2019年5月19日閲覧。
  8. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2018年1月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集