土俵祭』(どひょうまつり)は、1944年(昭和19年)3月30日[1][2][3]公開の日本映画である。大映京都製作。監督は丸根賛太郎鈴木彦次郎の原作を前年『姿三四郎』でデビューしたばかりの黒澤明が脚色[4]、主演は片岡千恵蔵モノクロスタンダード、82分(ただし現存しているのは78分の短縮版[1])。配給は紅系[1][2][4]

土俵祭
監督 丸根賛太郎
脚本 黒澤明
原作 鈴木彦次郎
出演者 片岡千恵蔵
市川春代
羅門光三郎
山口勇
岸井明
音楽 西梧郎
撮影 宮川一夫
製作会社 大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1944年3月30日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示


あらすじ編集

黒雲部屋に入門した竜吉は親方の娘・きよの提案で富士ノ山の四股名を名乗る。明治18年、猛稽古の末、竜吉は初土俵を踏むが、勝利至上主義を標榜し竜吉を嫌う兄弟子・大綱のせいで、練習ができなくなる。見かねた関取・玉ケ崎の尽力で白玉部屋に移籍すると、白星を積み重ね、遂に入幕。大綱との因縁対決に臨む。

スタッフ編集

(現存している短縮版にはクレジットが入っていない)

キャスト編集

(現存している短縮版にはクレジットが入っていない)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 土俵祭(KINENOTE)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 土俵祭(日本映画データベース)
  3. ^ a b c d e f g h 田中純一郎『日本映画発達史Ⅲ』戦後映画の解放』、中公文庫、P.153
  4. ^ a b c d e f g h i j k 土俵祭KADOKAWA
  5. ^ 土俵祭(KINENOTE) - ただし表記が「岸井彰」になっている。

外部リンク編集