土倉 勝看(とくら かつみ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将池田家家老備前国佐伯土倉家初代当主。

 
土倉勝看
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 元亀3年(1572年
死没 寛永14年11月21日1638年1月6日
官位 市正
主君 池田利隆光政
因幡鳥取藩備前岡山藩
氏族 土倉氏
父母 父:岩田小左衛門、養父:土倉貞利
正室:村上周防守
一成
テンプレートを表示

生涯編集

元亀3年(1572年)、滝川一益の家臣・岩田小左衛門の子として尾張国にて誕生し、池田氏家老・土倉貞利の養子となる。

天正18年(1590年)、小田原征伐に出陣する。慶長2年(1597年)、26歳で養父・貞利の家督を相続する。元和2年(1616年)、藩主池田光政が幼くして家督相続し、鳥取に転封されると、光政を補佐して日置忠俊と共に藩政を司った。寛永9年(1632年)、光政の岡山転封に伴って、備前磐梨郡佐伯に移り、陣屋を構えて代々知行した。

寛永14年(1637年)11月21日、死去。享年66。

常山紀談』に、池田光政から御使番の人選を相談され、日頃不仲の中村忠左衛門を推挙した、公正な人柄を物語る逸話が記載されている。

出典編集

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』