メインメニューを開く

土宜 法龍(どき ほうりゅう、嘉永7年(1854年1月8日 - 大正12年(1923年1月10日)は、近代日本仏教史を代表する仏教学者僧侶。字は覚意、号は雲外木母堂、幼名は光九、土岐とも書く。高野山学林長、仁和寺門跡(36代)、真言宗御室派管長、真言宗各派連合総裁、高野山真言宗管長などを歴任[1]

土宜 法竜
生誕 1854年1月8日
日本の旗 日本尾張国
死没 (1923-01-10) 1923年1月10日(69歳没)
日本の旗 日本和歌山県
国籍 日本の旗 日本
研究分野 仏教学
研究機関 高野山金剛峯寺
出身校 慶應義塾別科
主な業績 密教チベット仏教曼荼羅
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

尾張国名古屋(現・愛知県名古屋市)生まれ。である伯母の手により4歳の時、幼くして出家した。明治2年(1869年)より高野山の伝法入壇に入る。

明治9年(1876年)田中正彜の協力により上京、慶應義塾別科に入学し卒業。福澤諭吉の仏教保護方針の下、禅僧釈宗演と並んで慶應義塾精神界の二大明星とうたわれた。明治14年(1881年)に真言宗法務所課長。渡辺雲照(釈雲照)を補佐し、後七日御修法(宮中に伝承されていたが、維新の神仏分離で途絶した)を東寺にて再興する。十善戒を守ることを主眼とした「十善会」を主宰し、山岡鉄舟久邇宮朝彦小松宮彰仁らが参禅した。

明治26年(1893年)にシカゴで開催された万国宗教会議に日本代表として、釈宗演(臨済宗円覚寺派管長)、芦津実全天台宗)、八淵蟠竜浄土真宗本願寺派)の仏教学者四名で渡米した(なお、島地黙雷南条文雄は欠席した)。また当時東洋学の中心地であったパリギメ美術館で、仏教関係の資料の調査と研究を行う。

横浜正金銀行ロンドン支店長・中井芳楠の家にて南方熊楠と面会し、以来没するまで、30年間に渡って膨大な往復書簡が交わされた[2]

西域チベットなども旅し、伝統的な真言教学の上に、近代欧州的なインド古典学、仏教学の研究方法を導入し、以後の密教学研究の基礎を築いた。

明治39年(1906年)より真言宗御室派管長に就いた。

関連文献編集

参考文献編集

関連項目編集

注釈・出典編集

  1. ^ 『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』 講談社、2015年
  2. ^ 河出文庫版の著作『南方マンダラ』(新版2015年)に一部紹介されている

外部リンク編集