メインメニューを開く

土居 正史(どい まさし、1956年6月20日 - )は、岡山県岡山市出身の元プロ野球選手投手)。

土居 正史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市
生年月日 (1956-06-20) 1956年6月20日(63歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト2位
初出場 1977年
最終出場 1984年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

岡山東商高では3度甲子園に出場。2年生時の1973年春の選抜は控え選手であり、1回戦で今治西高に惜敗[1]。同年夏の甲子園は背番号9ながらエースとして出場。1回戦で銚子商土屋正勝と投げ合うが延長12回0-1xでサヨナラ負け[2]。翌1974年春の選抜は、またも1回戦で銚子商の土屋に完封を喫する[1]

卒業後は日本石油に進む。1975年都市対抗に出場。1回戦で先発し新日本製鐵名古屋から勝ち星を挙げるなど、チームの準々決勝進出に貢献[3]。翌1976年都市対抗に連続出場[3]

同年のドラフト2位で広島入団。スライダーやフォークボールを武器に1年目から一軍に上がり、6月には初先発を果たす。同年は37試合に登板し、2勝を記録するなど活躍した。しかし1979年以降は登板機会が減少し、1981年11月金銭トレードにてロッテに移籍。中継ぎとして起用されるが、1984年6月金銭トレードにて巨人に移籍。ここでは登板機会がなく同年限りで引退。引退後は地元岡山に戻り会社員。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1977 広島 37 2 0 0 0 2 2 0 -- .500 306 71.2 76 14 27 2 3 40 1 0 45 35 4.38 1.44
1978 17 0 0 0 0 2 2 1 -- .500 138 30.2 33 2 10 0 2 23 0 0 21 18 5.23 1.40
1979 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 2.0 5 1 2 0 0 1 0 0 6 6 27.00 3.50
1981 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.50
1982 ロッテ 15 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 63 15.1 14 4 6 0 0 12 1 0 6 4 2.40 1.30
1983 20 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 127 29.0 33 4 14 0 1 15 1 0 17 17 5.28 1.62
1984 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.0 3 1 1 0 0 0 0 0 3 3 27.00 4.00
通算:7年 93 2 0 0 0 4 6 1 -- .400 660 151.0 165 26 61 2 6 91 3 0 98 83 4.95 1.50

背番号編集

  • 21 (1977年 - 1980年)
  • 13 (1981年、1984年途中 - 同年終了)
  • 36 (1982年 - 1984年途中)

脚注編集

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集