メインメニューを開く

土居 清良(どい きよよし/せいりょう)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将伊予国大森城主。西園寺十五将の1人。江戸時代に土居水也によって『清良記』が著された。

 
土居清良
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文15年1月30日1546年3月2日
死没 寛永6年3月24日1629年5月16日
改名 虎松(幼名)→清良
別名 通称:三郎
墓所 愛媛県宇和島市三間町土居中地区の清良神社、龍泉寺
官位 式部少輔式部大輔
主君 一条兼定西園寺公広
氏族 土居氏
父母 父:土居清晴、母:西園寺実充
兄弟 治清久清清良
重清

目次

生涯編集

天文15年(1546年)、土居清晴の子として伊予宇和郡三間[注釈 1]に生まれる。

永禄3年(1560年)、大友氏の侵攻によって祖父・土居清宗や父は戦死して一家は没落し、15歳の清良は土佐一条氏の下で被官となる。この頃、後の河後森城主となる渡辺教忠と共に過ごしている。数々の功績により伊予帰還を認められ、伊予大森城主として三間3村、約2千石の領主となる。

一条氏から離れた後は西園寺氏に属し、大友氏、一条氏、長宗我部氏の侵入を防いだ。毛利氏の援軍として、中国地方各地を転戦し、名を上げたという。当時の四国勢としては珍しく、配下の者全員に鉄砲を装備させており、総勢300名程度の小軍でありながら、圧倒的な戦力であったとされる。『清良記』によれば、天正9年(1581年)には長宗我部氏の大軍を岡本城に迎え撃ち、知略をもって長宗我部元親の家老・久武親信を討ち取る戦功を上げている。

天正15年(1587年)、四国攻めの際に小早川隆景に所領を安堵されたが、小早川氏の九州転封に伴い、下野する。その後、藤堂高虎からも仕官の誘いがあったが断り、隠棲した。

寛永6年(1629年)3月24日に死去した。享年84。約200年間、迫目村の宝樹山妙覚寺が土居家の香華院であったが、享和3年(1803年)に土居清良の末裔、土居与兵衛が土居中村の牛河山竜泉寺を再建し、廟所が当寺に移っている。没後33年に当たる寛文元年(1661年)には、土居家の末裔や旧家臣の申請によって寛文年間に京都の神祇副吉田家より「清良明神」の神号免状を得、清良神社に祀られた。今も郷土の人々の追慕を集めている。

日本最古の農書編集

永禄7年(1564年)正月、土居清良は領内の農巧者である元武士の松浦宗案を城に呼び出したとされ、宗案が提出した答申書とそれを補足する問答が『清良記』に収録されている。清良が農業を重視した史実は現在も口伝えされ、三間の人々の清良神社に対する篤い尊崇がその事実を物語っている。

関連書籍編集

  • 土居水也著、松浦郁郎校訂『清良記』(佐川印刷、1975年。1976再版(全巻活字化本))
  • 松浦郁郎・徳永光俊 現代語訳校注解題『日本農書全集・清良記』(農文協1980年
  • 岡本文良著、加藤英夫画『土のさむらい』(くもん出版1996年ISBN 4774300934
  • 永井義瑩『近世農書『清良記』巻七の研究』(清文堂、2003年ISBN 4792405300
  • 伏見元嘉「『清良記』の傍証研究ー将棋からのアプローチ」『伊予史談』第321号(2001年
  • 伏見元嘉「『清良記』の改編者と成立過程」『伊予史談』第326号(2002年
  • 伏見元嘉「軍記物『清良記』の解釈」『伊予史談』第336号(2005年
  • 石野弥栄「『清良記』の成立と素材について」『伊予史談』第339号(2005年

脚注編集

外部リンク編集