土屋安親

日本の17-18世紀の金工師、鍔師。

土屋 安親(つちや やすちか、寛文10年(1670年) - 延享元年9月27日1744年11月1日))は、出羽国田川郡鶴ヶ岡城下(現・山形県鶴岡市)出身の、装剣金工師。弥五八、東雨。

略歴編集

作品編集

  • 干網千鳥透鐔(重要文化財
  • 浜松千鳥図鐔(重要文化財)
  • 豊千禅師図鐔(重要文化財)

参考資料編集