メインメニューを開く

土屋 寿直(つちや ひさなお)は、常陸土浦藩の第5代藩主。

 
土屋寿直
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦11年5月22日1761年6月24日
死没 安永6年7月19日1777年8月21日
改名 辰之助(幼名)、寿直
別名 左京(通称
戒名 彰善惟顕俊良院
墓所 茨城県土浦市大岩田町の法泉寺
官位 従五位下、相模
幕府 江戸幕府
常陸国土浦藩
氏族 土屋氏
父母 父:土屋篤直、母:和田源左衛門の娘・勢野子
兄弟 寿直泰直英直
実子:なし、養子:泰直

宝暦11年(1761年)5月22日、第4代藩主土屋篤直の長男として生まれる。安永5年(1776年)の父の死去により家督を継ぎ、12月16日に従五位下・相模守に叙位・任官する。

しかし病弱だったため、安永6年(1777年)7月19日に死去した。享年17。異母弟の泰直が養子となり跡を継いだ。