メインメニューを開く

土屋 挙直(つちや しげなお)は、常陸土浦藩の第11代(最後)の藩主。水戸藩徳川斉昭の子で、徳川慶喜の異母弟に当たる。

 
土屋挙直
Tsuchiya Shigenao.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永5年9月19日1852年10月31日
死没 明治25年(1892年10月24日
改名 余七麻呂(幼名)、
松平昭邦(初名)→土屋挙直
戒名 高林院貫山挙直
墓所 法泉寺 (茨城県土浦市大岩田町)
官位 従五位下、正五位、従四位、正四位、
相模[1]
幕府 江戸幕府
常陸国土浦藩
氏族 水戸徳川家土屋氏
父母 父:徳川斉昭、母:仁科氏
養父:土屋寅直
兄弟 徳川慶篤池田慶徳徳川慶喜松平直侯
池田茂政松平武聰喜連川縄氏
松平忠和挙直徳川昭武松平喜徳
松平頼之
正室:松平輝聴の娘[1]
正直義直、峯子(松平忠威妻)[1][2]
郁子(溝口武五郎妻)、保子(藤岡勝二妻)、
邦子(相馬孟胤妻)、理子(松平忠威後妻)[2]
特記
事項
小松宮彰仁親王頼子義母竹子方の従姉[3]華頂宮博経親王妃郁子(旧姓南部)は方の姪。
テンプレートを表示

嘉永5年(1852年)9月19日、徳川斉昭の十七男として江戸小石川の水戸藩邸で生まれる。斉昭の従弟である土浦藩の第10代藩主土屋寅直の養子として、慶応4年(1868年)5月6日の寅直の隠居により家督を継いだ。5月15日に従五位下・相模守に叙位・任官する。

明治2年(1869年)6月19日、版籍奉還により土浦藩知事に任じられ、明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県により免官後、東京へ移り、内務省御用掛と勧農局事務取扱役を兼任し、下総牧羊場に勤める。全ての職を辞任した後は、没落していく士族のために農地開発、開拓を積極的に推し進めたといわれる。

明治25年(1892年)10月24日死去。享年41。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b c 家系リスト > 土屋氏(土浦藩)”. Reichsarchiv ~世界帝王事典~. 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ a b 家系リスト > 深溝松平家”. Reichsarchiv ~世界帝王事典~. 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ 官報 1892, p. 273.
  4. ^ 宮内省「官報」第2801号、大蔵省印刷局、1892年10月27日、2019年8月21日閲覧。“明治25年10月25日 叙正四位 従四位子爵土屋擧直。特旨ヲ以ッテ位1級被進(10月25日宮内省)”
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
土浦土屋家初代
1884年 - 1892年
次代:
土屋正直