メインメニューを開く
歌川広重「東海道五十三次・圡山」

土山宿(つちやましゅく、 旧字体:𡈽山・圡山)は、近江国甲賀郡にあった東海道五十三次の49番目の宿場である。現在の滋賀県甲賀市土山町北土山および土山町南土山にあたる。

明治の鉄道交通では、坂下宿同様、鈴鹿峠の急勾配が蒸気機関車の仇となり、西寄りの寺庄経由となった。

鈴鹿馬子唄に「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る」と歌われる[1]

目次

交通手段編集

近江鉄道JR草津線貴生川駅より甲賀市コミュニティバス(あいくる)

※ 田村神社祭礼時のみ、JR関西本線亀山駅から鈴鹿峠を越える臨時バスが運行される。

史跡・みどころ編集

町の至るところに旅籠屋跡の石碑が建っている。

  • 田村神社
  • 道の駅あいの土山
  • 東海道一里塚跡
  • うかい屋
  • 二階屋脇本陣跡
  • 東海道伝馬館
    問屋場の様子を復元した展示の他、東海道・土山宿に関する展示が充実している。
  • 問屋場跡
  • 本陣跡
  • 大黒屋本陣跡
  • 高札場跡
  • 御代参街道分岐点 石碑

水口宿までの史跡・みどころ

  • 垂水頓宮御殿跡
  • 一里塚跡
  • 旅籠 松坂屋跡
  • 三好赤甫句碑
  • 東海道土山今宿の碑

隣の宿編集

東海道
坂下宿 - 土山宿 - 水口宿

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、土山宿に関するカテゴリがあります。

滋賀県公式観光サイト”. 2014年7月11日閲覧。

脚注編集