メインメニューを開く

土岐 政夫(とき まさお、1892年4月1日 - 1965年3月5日)は、日本の官僚

経歴編集

福岡県朝倉郡安川村(現・朝倉市)に生まれる。福岡県立中学修猷館第五高等学校を経て、1918年、東京帝国大学法科大学卒業。

卒業後、司法省に入省し、東京地方検察庁検事、東京地方裁判所判事を務める。1923年、宮内省に移り内匠寮に勤め、大臣官房秘書課長を経て、1940年12月内匠頭、1944年9月帝室博物館(現・東京国立博物館)総長に就任。1946年8月退官。

その後、一時博物館で宮内省御用掛を務め、後に横浜地方裁判所横浜家庭裁判所調停委員を務めた。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献編集