土師 根麻呂(はじ の ねまろ、生没年不詳)は、飛鳥時代貴族宿禰大華下土師身の子。官位は直広参・判事

経歴編集

持統天皇3年(689年)2月に竹田王大宅麻呂藤原不比等当麻桜井穂積山守中臣意美麻呂巨勢多益須大神安麻呂とともに判事に任命される(この時の冠位は直広肆)。同年5月に草壁皇子弔問のために訪日した新羅使の金道那(こんどうな)らに、先年の天武天皇の弔問の際も含めての新羅側の無礼(孝徳天皇天智天皇の弔問の時と使者の身分が異なっている、船の数が1艘のみなど)を責める持統天皇のを伝えている[1]

文武天皇3年(699年衣縫王当麻国見田中法麻呂とともに、判官4人・主典2人・大工2人を率いて、斉明天皇の山陵とされる越智山陵修造使として派遣された(このときの冠位は直広参)。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

  • 父:土師身[2]
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本書紀』持統天皇3年5月22日条
  2. ^ a b c d 宝賀[1986: 1009]

参考文献編集