メインメニューを開く

土御門 久脩(つちみかど ひさなが)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての公卿陰陽家陰陽頭土御門有脩[1]の子。官位従三位・陰陽頭、非参議土御門家31代当主。

 
土御門久脩
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄3年(1560年
死没 寛永2年1月18日1625年2月24日
官位 従三位陰陽頭非参議
主君 正親町天皇後陽成天皇後水尾天皇
織田信長豊臣秀吉徳川家康秀忠家光
氏族 土御門家
父母 父:土御門有脩
兄弟 久脩勧修寺晴豊室、勘解由小路在高
三淵晴員
泰重倉橋泰吉五辻斉仲など
テンプレートを表示

目次

経歴編集

幼き時より天文や暦道を学ぶ。元亀3年(1572年)に元服し、元亀4年(1573年)14歳の時に陰陽頭となる。以後、左馬助、16歳で従五位下、21歳で正五位下、天文博士と歴任した。織田信長豊臣秀吉と仕えていたが、文禄4年(1595年)に秀吉の怒りをかって京を追放され若狭国名田庄に住す。これは豊臣秀次に連座したものといわれている。慶長5年(1600年)再び勅命により上洛。翌年に名田庄を引き上げ京に在館する。徳川家康に陰陽道宗家と認められ、183石6斗の家禄を与えられた。公家昵懇衆として家康に仕えた。

徳川幕府では家康、秀忠、家光と徳川家三代の将軍宣下、また後水尾天皇即位を祝う天曹地府祭を執行している。

元和5年(1619年)9月、2代将軍・徳川秀忠の娘である和子入内を目前にして発覚した宮中内の不祥事(特におよつ御寮人事件)に伴い、「禁中並公家諸法度」違反とされ、京都所司代板倉勝重を通して幕府より内裏への出仕停止・謹慎を申し渡される[2]

後水尾天皇は一連の処分に激しく不満を示し、弟の近衛信尋への譲位までほのめかした。近衛前久関白九条忠栄の仲介・奔走、幕府に不満を持っていた新上東門院崩御に伴い、和子入内に積極的な態度を見せていた天皇生母中和門院(中和門院は九条家出身)が台頭した事、和子入内の確約を幕府に示す事で有脩らは赦免・再出仕となる。元和7年(1621年)に従三位・非参議となっている。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 永禄5年に正式に土御門を称する。
  2. ^ 幕府によれば宮中に女歌舞伎や遊女を呼んで昼間から酒宴を開き、山椒茶をすすり、茗荷を食して再び酒宴に明け暮れ、囲碁・歌留多・賭博に興じた等々の罪状が挙げられた。

参考文献編集

  • 「日本陰陽道総説」、「陰陽道叢書 中世」(村山修一著)

関連項目編集

外部リンク編集