メインメニューを開く

土御門 有脩(つちみかど ありなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての公卿陰陽家陰陽頭土御門有春の子。

 
土御門有脩
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永7年(1527年
死没 天正5年1月2日1577年1月20日
官位 従三位陰陽頭刑部卿非参議
主君 後奈良天皇
氏族 土御門家
父母 父:土御門有春
久脩勧修寺晴豊室、勘解由小路在高
テンプレートを表示

経歴編集

官位従三位・陰陽頭、刑部卿非参議堂上家(家格は、半家安倍氏)である、土御門家30代当主。

天文11年(1542年)、戦乱が続き疲弊した京を離れ、所領の丹後国に退いていた有脩は陰陽頭としての職務を放棄していたため、同じく相模国の太守北条氏綱を頼って下っていた賀茂氏系陰陽師の公卿・勘解由小路在富が陰陽頭の職務を代行するために呼び戻された。

系譜編集