メインメニューを開く

土浦セントラルシネマズ(つちうらセントラルシネマズ)は、日本の映画館である[1][2][3]。1957年(昭和32年)、茨城県土浦市祇園セントラル映画劇場(ぎおんセントラルえいがげきじょう)として開館[1][4][5][6][7]、1968年(昭和43年)には土浦セントラル劇場(つちうらセントラルげきじょう)と改称[8][9][10]、1989年(平成元年)から現在の4スクリーンになった[1][11][12]

土浦セントラルシネマズ
Tsuchiura Central Cinemas
Tsuchiura Central Cinemas 2019.jpg
土浦セントラルシネマズのあるTCビル(2019年)
種類 事業場
略称 土浦セントラル
本社所在地 日本の旗 日本
300-0033
茨城県土浦市川口1丁目11番5号
TCビル2階
設立 1957年
業種 サービス業
事業内容 映画の興行
代表者 代表・支配人 寺内龍地
主要株主 有限会社T.R.E.
関係する人物 寺内龍太郎
梅村昌三郎
寺内龍地
外部リンク tsuchiura-central.com
特記事項:略歴
1957年 開館
1989年 4スクリーン化
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1957年 - 祇園セントラル映画劇場として開館[1]
  • 1968年 - 土浦セントラル劇場と改称[8]
  • 1981年 - 改築により土浦セントラル劇場1・2の2館になる[9][10]
  • 1989年 - 改装により土浦セントラルシネマ4スクリーンになる[1][11][12]

データ編集

  • 所在地 : 茨城県土浦市川口1丁目11番5号 TCビル2階[2]
    • 創設時の同県同市川口町 祇園会館
    北緯36度4分52.7秒東経140度12分9.66秒
  • 経営 : 中島棟次[4] ⇒ 小島博[6]寺内龍太郎[7] ⇒ 常陽土地建物株式会社[10] ⇒ 有限会社T.R.E.
  • 支配人 :
    1. 小島博(1957年 - 1963年)[6]
    2. 梅村昌三郎(1963年 - 1982年)[7]
    3. 寺内龍太郎(1982年 - 1989年)
    4. 寺内龍地(1989年 - 現在)[1]
  • 構造 :
    1. 祇園会館 : 木造二階建(1957年 - 1982年)
    2. TCビル : 鉄筋コンクリート5階建(1982年 - 現在)
  • 観客定員数 :
    1. シネマ1 : 300名[2]
    2. シネマ2 : 280名[2]
    3. シネマ3 : 210名[2]
    4. シネマ4 : 170名[2]

概要編集

第二次世界大戦後の1957年(昭和32年)、日本国有鉄道(現・東日本旅客鉄道常磐線土浦駅西口近く、茨城県土浦市川口町の祇園会館内に祇園セントラル映画劇場土浦祇園セントラルとも)として開館した[4][1][3]。同年の情報を掲載する『映画便覧 1958』によれば、創業当初の同館は、中島棟次の個人経営であり、支配人は小島博であった[4]。1961年(昭和36年)前後には、小島博が館主と支配人を兼任する体制になっている[5]。1963年(昭和38年)には、寺内龍太郎の個人経営、梅村昌三郎が支配人という体制に変わった[6][7]。寺内龍太郎は、のちに土浦市議会議員(議長)に就任する人物である[13]

同館は、大正時代から映画館が存在した[14]、土浦市内では最後発であり、開館当時1957年の同市内には、小野座(のちの土浦日活劇場仲町、現在の中央2丁目6番28号)[15]土浦劇場(1926年開館[16][17]匂町3135番地、現在の桜町2丁目6番14号)、銀映座(のちの土浦東映劇場本町801番地、現在の中央2丁目3番7号)、霞浦劇場(1927年開館[18]東崎町744番地、現在の中央2丁目4番16号)、土浦大映劇場(1954年開館、のちのテアトル土浦朝日町、現在の桜町3丁目4番4号)、荒川沖映画劇場(1953年開館、荒川沖町684番地・当時[19])の6館がすでに存在した[4][1][3][20][21]

1968年(昭和43年)には、古い町名である「祇園町」の冠を廃して[13]土浦セントラル劇場と改称する[8]。当時の同市内の映画館は、同館のほか、テアトル土浦(経営金塚節、支配人金塚誠)、土浦劇場(経営・支配人関口卓雄)、霞浦劇場(経営・支配人前田一郎)、土浦東映劇場(経営小口登、支配人川崎富次郎)、土浦日活劇場(経営太陽企業、支配人斎藤友幸)の6館が存在した[8]。茨城県出身の漫画家・うるの拓也は、中学在学中の1977年(昭和52年)に『テンタクルズ』(監督オリヴァー・ヘルマン)、1978年(昭和53年)に『スター・ウォーズ』(監督ジョージ・ルーカス)といった洋画をセントラル劇場で観たという[22]

1981年(昭和56年)には、従来の木造二階建を取り壊して現在のTCビルを新築、同ビル2階に土浦セントラル劇場1・2の2館を開館する[9][10]。同時期に、同館の経営を従来の個人経営から、常陽土地建物株式会社へと変更している[10]。同年には、霞浦劇場が土浦ピカデリー1・2(中央2丁目5番1号)を開館しており[9][10]、1978年(昭和53年)にはテアトル土浦が敷地内に土浦プラザを開館しており、従来からの土浦劇場、土浦東映劇場、霞浦劇場、土浦にっかつ劇場を含めて、同市内には10館の映画館が存在していた[10]

1989年(平成元年)、さらに改装を行い、4スクリーンを有する土浦セントラルシネマとした[11][12]。同市内の映画館は、同年には、同館4館のほか、テアトル土浦・土浦プラザとシアター505、土浦ピカデリー1・2、土浦東映劇場、霞浦劇場の11館になっていた[12]。土浦劇場、土浦にっかつ劇場はすでに閉館した[12]。その後、同館の経営は、寺内充が代表を務める常陽土地建物から、寺内龍地が代表を務める有限会社T.R.E.に変わっている。寺内充は、2003年(平成15年)4月27日の土浦市議会議員選挙に当選以来、3期を務める市議会議員(副議長)である[23][24]。1997年(平成9年)12月20日公開の『タイタニック』(監督ジェームズ・キャメロン)は大ヒットとなり、12回観た女性もいたという[25]。2009年(平成21年)4月11日公開の邦画『クローズZEROII』(監督三池崇史)では、同館内でもロケが行われ、ロードショー上映期間中には同作のスタッフTシャツが50名に当たる入場者限定プレゼント企画が実施されていた[26]

2011年(平成23年)3月11日、東日本大震災が発生。土浦市で震度6弱を観測し、入居しているTCビルも被害を受けた結果、スクリーン3と4が営業休止状態となっている[25]。その後映画上映のデジタル化も追い打ちとなったが、残ったスクリーン1と2は2015年(平成27年)にようやくデジタル化された[25]。デジタル化前に上映された『祖谷物語 おくのひと』(2014年)はロングランとなり、同作の蔦哲一朗監督も土浦セントラルを訪れたという[27]

2015年(平成27年)12月から2016年(平成28年)まで、霞ヶ浦を舞台にした映画『花蓮』を上映。作品自体は2011年(平成23年)に製作したものだったが、茨城県内では4年越しの初上映となった。同年12月23日に行われた上映初日の舞台挨拶では、監督した五藤利弘と出演したキタキマユ鹿嶋市出身)が来館した[28]。2017年(平成29年)8月20日には、『いのちあるかぎり 木田俊之物語』上映時の舞台挨拶で、同作監督の渡邊豊と、出演した鈴木まりや若井久美子が来館した[29][30]

2017年(平成29年)現在、同市内の映画館のうち、従来の映画館は同館を残してすべてすでに閉館しており、同館4スクリーンと、イオンモール土浦内に2009年(平成21年)に開館したシネマサンシャイン土浦シネマコンプレックス、9スクリーン)の2サイト13スクリーンが存在している[2][31]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h “「地元館の灯守りたい」土浦セントラルシネマズ”. 茨城新聞 (47NEWS). (2009年5月13日). http://www.47news.jp/CI/200905/CI-20090513-00204.html 2013年9月4日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g 土浦セントラルシネマズ、公式ウェブサイト、2013年9月4日閲覧。
  3. ^ a b c 昭和32年の映画館 千葉県 107館”. 中原行夫の部屋(原典『キネマ旬報』1957年1月1日号). 2013年9月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e 便覧[1958], p.48.
  5. ^ a b 便覧[1962], p.51.
  6. ^ a b c d 便覧[1963], p.50.
  7. ^ a b c d 便覧[1964], p.46.
  8. ^ a b c d 便覧[1969], p.71.
  9. ^ a b c d 名簿[1981], p.47.
  10. ^ a b c d e f g 名簿[1982], p.56.
  11. ^ a b c 名簿[1989], p.50.
  12. ^ a b c d e 名簿[1990], p.42.
  13. ^ a b 前川道博 (1999年1月16日). “「祇園町と幸福稲荷の由来」碑”. かすみがうらネット. 2012年9月4日閲覧。
  14. ^ 年鑑[1925], p.466.
  15. ^ 霞浦劇場(土浦)が取り壊しへ 木造映画館、老朽化で76年の歴史に幕常陽新聞、2003年9月3日付、2013年9月4日閲覧。
  16. ^ 総覧[1927], p.659.
  17. ^ 総覧[1929], p.258.
  18. ^ 総覧[1930], p.564.
  19. ^ つくば教映社、公式ウェブサイト、2013年9月4日閲覧。
  20. ^ 年鑑[1943], p.462.
  21. ^ 年鑑[1942], p.10-48.
  22. ^ takuya_uruno (2014年4月4日). “「スター・ウォーズ」は土浦セントラルだったかな…。「テンタクルズ」とかもソコで観た気がする。”. うるの拓也. Twitter. 2014年8月11日閲覧。
  23. ^ 各種議員名簿土浦市、2013年7月1日現在、2012年9月4日閲覧。
  24. ^ 寺内充”. ザ選挙. VoiceJapan. 2012年9月4日閲覧。
  25. ^ a b c 海老原由紀 (2016年3月29日). “文化の灯火を消さない「映画の街」土浦、個人経営の映画館が奮闘”. 産経新聞 (産業経済新聞社). http://www.sankei.com/region/news/160329/rgn1603290011-n1.html 2017年8月22日閲覧。 
  26. ^ “「クローズZEROⅡ」市内でロケ なじみの場所も ロゴ入りTシャツプレゼント”. 東京新聞 (47NEWS). (2009年4月19日). http://www.47news.jp/CI/200904/CI-20090419-00121.html 2014年8月11日閲覧。 
  27. ^ 年末年始も「祖谷物語」は、やっとります!”. 映画「祖谷物語」公式ブログ (2014年12月25日). 2017年8月22日閲覧。
  28. ^ 映画『花蓮』土浦で公開 出演者と監督が舞台挨拶 - YouTube茨城新聞/2015年12月23日)
  29. ^ 鈴木まりや (2017年8月21日). “土浦市*いのちあるかぎり”. オフィシャルブログ「やんぬさん。」. CyberAgent. 2017年8月22日閲覧。
  30. ^ 映画のトークショー出演します”. 若井久美子のくみの音楽三昧♪. CyberAgent (2017年8月15日). 2017年8月22日閲覧。
  31. ^ シネマサンシャイン土浦”. イオンモール土浦. イオングループ. 2012年9月4日閲覧。

参考文献編集

  • 『日本映画年鑑 大正十三・四年』、アサヒグラフ編輯局東京朝日新聞発行所、1925年発行
  • 『日本映画事業総覧 昭和二年版』、国際映画通信社、1927年発行
  • 『日本映画事業総覧 昭和三・四年版』、国際映画通信社、1929年発行
  • 『日本映画事業総覧 昭和五年版』、国際映画通信社、1930年発行
  • 『映画年鑑 昭和十七年版』、日本映画協会、1942年発行
  • 『映画年鑑 昭和十八年版』、日本映画協会、1943年発行
  • 『映画便覧 1958』、時事映画通信社、1958年発行
  • 『映画便覧 1962』、時事映画通信社、1962年発行
  • 『映画便覧 1963』、時事映画通信社、1963年発行
  • 『映画便覧 1964』、時事映画通信社、1964年発行
  • 『映画便覧 1969』、時事映画通信社、1969年発行
  • 『映画年鑑 1981 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1981年発行
  • 『映画年鑑 1982 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1982年発行
  • 『映画年鑑 1989 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1989年発行
  • 『映画年鑑 1990 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1990年発行

関連項目編集

外部リンク編集

画像外部リンク
  土浦セントラルシネマズ・館内
  TSビル・外観