メインメニューを開く
国道6号標識

土浦バイパス(つちうらバイパス)は、茨城県土浦市内を走る、全長約8.8km国道6号バイパスである。

目次

概要編集

 
土浦バイパス(土浦市天川)
  • 起点 : 茨城県土浦市中(6号BP中村入口)
  • 終点 : 茨城県土浦市中貫(6号BP中貫入口)
  • 全長 : 8.8km
  • 規格 : 第3種1級
  • 設計速度
  • 道路幅員
    • 一般部:20.0m
    • 橋梁部:18.5m
  • 車線幅員
    • 一般部:17.5m
    • 橋梁部:16.0m
  • 車線数 : 4車線

市街地部を貫く旧道部分は国道125号および国道354号県道64号に格下げとなっている[注釈 1]

全区間が供用している。2017年3月25日に全線4車線化された。(これにより終点の6号BP中村入口より北の中貫工業団地入口までが4車線となっている。)

接続するバイパスの位置関係編集

交差する道路編集

交差する道路 交差する場所 東京から
(km)
国道6号 東京方面
国道125号阿見美浦バイパス
国道354号 土浦市街方面
国道354号 つくば方面 6号BP中村入口
中村陸橋下
61.5
茨城県道123号土浦坂東線 63.8
茨城県道24号土浦境線 学園大橋南 64.7
茨城県道199号小野土浦線 虫掛入口 65
国道125号 真鍋跨道橋 67.3
国道125号(土浦新治バイパス 68.0
茨城県道64号土浦笠間線 6号BP中貫入口 71
国道6号千代田石岡バイパス水戸方面

沿革編集

  • 1969年昭和44年)度 : 土浦バイパス事業着手
  • 1972年(昭和47年)度 : 用地買収着手
  • 1973年(昭和48年)度 : 工事着手
  • 1978年(昭和53年)3月 : 一部開通(土浦市常名 - 中貫 延長2.4km、暫定2車線)
  • 1982年(昭和57年)3月 : 全線開通(土浦市中 - 常名 延長6.4km、暫定2車線)
  • 1983年(昭和58年)2月14日 : 土浦パイバス開通を受け、旧道区間(土浦市中 - 同市中貫)の国道指定を解除し茨城県へ移管[1][注釈 1]
  • 1987年(昭和62年)度 : 上高津立体化推進
  • 1988年(昭和63年)度 : 上高津立体化工事
  • 1989年平成元年)10月 : 上高津立体供用開始(延長1.2km、暫定2車線)
  • 1990年(平成2年)
    • 2月 : 土浦市常名 - 板谷4車線化供用開始(延長1.4km)
    • 3月 : 土浦市永国 - 上高津4車線化供用開始(延長1.8km)
  • 2003年(平成15年)度 : 土浦市板谷 - 中貫3車線化供用開始(延長1.0km)
  • 2009年(平成21年)度 : 土浦市佐野子 - 虫掛4車線化事業着手
  • 2011年(平成23年)8月 : 工事着手
  • 2017年(平成29年)
    • 3月15日 : 土浦市板谷 - 中貫(延長1.0km)、土浦市中 - 永国(延長0.8km)がそれぞれ4車線化[2]
    • 3月22日 : 土浦市粕毛 - 常名(延長2.8km)が4車線化[2]
    • 3月25日 : 土浦市上高津 - 粕毛(延長1.3km)が4車線化、全線4車線化[2][3]

交通量編集

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 土浦市虫掛3476 : 44,736

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

脚注編集

  1. ^ a b 1983年(昭和58年)2月、土浦市中 - 同市土浦中央1丁目間(延長3.818km)は県道土浦野田線(現国道354号)へ、同市常名 - 同市中貫間(延長1.306km)は、県道土浦八郷線(現土浦笠間線)へ降格した。また、このとき土浦市中央1丁目 - 同市常名間は、国道125号の単独区間となっている。

出典編集

  1. ^ 道路の区域変更(昭和58年2月14日 茨城県告示第257・258号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7116号: pp.4-5, (1983年2月14日) 
  2. ^ a b c 国道6号 土浦バイパス 3月25日(土)16時に全線4車線開通 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 常陸河川国道事務所 (2017年3月9日). 2017年3月9日閲覧。
  3. ^ 土木部 道路維持課. “国道6号土浦バイパス 3月25日(土)16時に全線4車線開通しました”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2017年5月14日閲覧。

外部リンク編集