メインメニューを開く

土浦町(つちうらまち)は茨城県の南部、新治郡にあった。現在の土浦市の主要部にあたる。現在の土浦市は1940年に新設合併によって誕生したものであり、本町とは異なる自治体である。新治郡役所が所在する。

土浦町
廃止日 1940年11月3日
廃止理由 新設合併
土浦町真鍋町土浦市
現在の自治体 土浦市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
新治郡
隣接自治体 新治郡真鍋町、都和村藤沢村栄村九重村
稲敷郡阿見村朝日村岡田村
筑波郡小野川村
土浦町役場
所在地 茨城県新治郡土浦町字前川町377番地1
Tsuchiura Town Hall.jpg
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

目次

歴史編集

明治43年洪水発生。明治44年帝国在郷軍人会土浦分会発足。大正後期、繭取引活況を呈す。大正15年、土浦憲兵分隊開設。昭和4年、土浦商工会発足。昭和7年、川口川上流部埋め立て開始。昭和11年、土浦駅を軍艦型に改装。昭和13年6月、桜川が氾濫し町内の9割以上が床上浸水する。滞水約1か月に及ぶ。昭和16年、再び大洪水に襲われる。

沿革編集

地勢編集

東西約2.4km、南北約1.6km。東に霞ケ浦を望み、南を桜川で隔てられる。低地が多く概ね平坦である。中心市街には商家が密集する。

名所編集

  • 霞ケ浦
  • 土浦城
  • 郁文館址 - 外西町。旧土浦藩校。明治6年、新治県師範学校。県合併後に茨城県立第二中学校明治25年、土浦高等小学校。現在の土浦第一小学校の一角にある。
  • 平国香の墓 - 字明神。現在の田中八幡神社。
  • 等覚寺 - 田宿町。八田知家の子・法眼明玄が開基。土浦城西堀の内側にあり、土塁を隔てて三ノ丸(滅失)に隣接する。銅鐘は国宝である。
  • 神龍寺 - 西門町(現在の文京町)。曹洞宗。
  • 棉津 - 川口町。水郷汽船の発着所。
  • 櫻川 - 別名・筑波川。
  • 銭亀橋 - 水戸街道の櫻川に架かる。慶長8年、旧江戸幕府直轄事業で竣工。
  • 閘門橋 - 川口閘門。湖水の川口川・田町川への逆流を防ぐ。土浦の歴史は洪水との戦いの歴史でもある。
  • 西子岡公園 - 横町。園内に月讀神社を祀る。

地域編集

として17町(明治34年)。

  • 内西町
  • 外西町
  • 西門町
  • 本町
  • 前川町
  • 鷹匠町
  • 築地町
  • 川口町
  • 東崎町
  • 田町
  • 横町
  • 田中町
  • 立田町
  • 中城町
  • 田宿町
  • 大町
  • 中町


官公署編集

新治郡役所

内西町。明治11年、土浦城本丸跡に設置された。

町役場

前川町。現在の土浦市中央二丁目、筑波銀行本店が役場跡である。

土浦裁判所

判事5、検事2、書記10など計38名(明治43年)。

  • 沿革 - 明治5年、新治裁判所。明治8年、茨城裁判所土浦出張所。明治9年、土浦区裁判所。明治23年、水戸地方裁判所土浦支部・土浦区裁判所。
  • 管轄 - 土浦区裁は旧新治郡全域、筑波郡の一部および稲敷郡の一部。土浦支部は土浦区裁、竜ケ崎区裁および麻生区裁の管内全域。
土浦警察署

本町。署前には全町を見渡せる火の見櫓があった。昭和12年、立田町移転。

土浦監獄
土浦税務署

内西町。新治郡内の国税事務を一手に掌る。

土浦郵便局

内西町。明治5年、土浦郵便取扱所として開設。

土浦電信局

内西町。明治21年設置。

教育編集

 
土浦幼稚園

経済編集

農業に適する田畑は非常に少ない。水産は霞ケ浦の公魚白魚など。の集散も盛んである。

金融編集

  • 第五十国立銀行 - 川口町。明治11年開業。水戸や北條に支店があった。土浦五十銀行。
  • 土浦農商銀行
  • 土浦三津和銀行
  • 茨城貯蓄銀行土浦支店
  • 茨城農工銀行土浦支店
  • 常磐銀行土浦支店
    • 土浦中支店

商業編集

劇場編集

  • 小野座 - 明治時代に開館、本町801番地
  • 土浦劇場 - 明治館として1926年開館、匂町3135番地
  • 霞浦劇場 - 1927年開館、東崎町744番地

交通編集

南北に国道が貫通、その他大小道が縦横に走る。鉄道は、上野-平(現:いわき市平)間に在って土浦停車場(駅)あり。水運は稲敷・佐原銚子汽船便を擁する水陸の要衝である。

鉄道路線編集

土浦駅・虫掛駅間に真鍋駅が所在。廃駅後は1959年新土浦駅開設。

航路編集

朝日丸汽船所が土浦・佐原大船津間を、銚子汽船会社が土浦銚子間を往復営業し、明治大正期における湖上交通の基幹をなした。 土浦佐原間は、土浦(川口川の河口)、沖宿、木原、牛渡、有河、志戸崎、井ノ上、五丁田、橋門、麻生牛堀、荒川、佐原の各発着所を結んだ。

乗合自動車編集

昭和7年の土浦発着バス路線と経営会社である。

  • 真鍋-石岡(本橋自動車)
  • 真鍋-柿岡(平和自動車)
  • 大和田(霞自動車)
  • 阿見(常南電車)
  • 木原-江戸崎(土浦自動車)
  • 荒川沖-牛久(本橋自動車)
  • 中根-一ノ谷-大曽根-北條(アサヒ自動車商会)
  • 北條-筑波(霞自動車)
  • 谷田部-水海道-岩井-境(土浦自動車)

道路編集

出身者編集

脚注編集

  1. ^ 山口 剛(ヤマグチ タケシ)とは”. コトバンク. 2015年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月14日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集