土田 浩翔(つちだ こうしょう、1959年8月5日 - )は、競技麻雀のプロ麻雀士。現在は最高位戦日本プロ麻雀協会に所属している。本名は土田 興司大阪府大阪市出身。小樽商科大学卒業。血液型はB型。日本麻雀機構元理事長。札幌市内で雀荘「夢道場」を経営していたが経営を譲渡している株式会社マインズ 対子に着目した独特の戦法、土田システムを操り、「トイツマスター」「トイツ王国の王子」「宇宙流」などの異名をとる。

土田 浩翔
基本情報
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1959-08-05) 1959年8月5日(60歳)
プロ入会 1986年
所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
テンプレートを表示

略歴編集

小学校1年生の頃から麻雀に親しむ。大学卒業直前に出場した「ニッカン・アマ最高位戦」において優勝したことがきっかけでプロ雀士を志す。

雀風編集

対子・刻子を非常に好み、対子が2つでもあれば七対子を意識すると公言している。 順子手になりそうな配牌を平然と崩し、対子手・刻子手に向かう事もある。 その雀風のため捨て牌が異様となることが多く、通常の捨て牌読みが効かずに土田を苦手にしている雀士も多い。

トイツ理論(土田システム)編集

土田曰く、トイツ理論の原点は土田自身がタンキを好むことにあり、「3シャンテンあたりからシャンテン数が進むに従って、『この先の未来は私自身が決められるんだ!』というワクワク感が好き」なのだという。

土田は、麻雀の手作りにおいて基本に据えるべき手役はピンフ[1]としつつ、以下のように述べている。

いつもいつもピンフが作れるほどマージャンはヤワなゲームではないのも事実。

ツキが落ちてくればピンフ作りは困難なものとなり、トイツやコーツが否応なしに増えてくることくらい少し打てるものならば皆知っている。にもかかわらずテンパイ形となるとなぜかしら<リャンメン形>にこだわってしまう。私には不思議でならない。

—土田浩翔(「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) p.152より)

誕生のきっかけ編集

土田によると、トイツに目覚めたきっかけとなったのは流れが悪い中で以下のような手牌を抱えたことであった。

                ツモ     ドラ  

迷う土田は「コーショー、いいことを教えてあげるよ。 を切ってごらん!」という"囁き"を耳にし、驚きながらもそれに従った。すると土田の手牌は

                ツモ  

                ツモ  

と変化し、 を捨ててチートイツを聴牌。ここで「コーショー。甘いゾ。まだ早いゾ!」という「威厳に満ちた神の声」を耳にし、リーチを見送った後で

                ツモ  

となった。ここで「これだよ、これ!」という声を耳にし、 を捨ててリーチをかけたところ、一発でツモ和了した。土田によると、「チートイツ恐るべしを痛切に感じた瞬間だった。そしてその日を境に私はトイツの神様が存在することを信じるようになった」。この出来事をきっかけに、土田はチートイツ作りの「システム」を開発することに成功した[2]

シュンツを捨てる・切り裂く編集

土田曰く、「チートイツを作るということは、シュンツを捨てるということに他ならない」。換言すると、「チートイツというシュンツを必要としない世界」において、「『リャンメン信仰』という古来からの固定観念がもたらす半永久的なカルマから解放された、<意志>のチカラを発揮する」ことが肝要である[3]

例えば

                ツモ     ドラ  

という手牌からは のツモ切りを避け、   を切ることを考える必要があり、

                ツモ     ドラ  

という状況ではタンヤオ確定の 切りだけは禁物であり、 ツモ切りによるチートイツ確定が悪くない選択、急所牌の を切るのが有効ということになる[4]

土田によると、自身の打法は決め打ちをしているように見えたり「気でも狂ったのではないか?」と思われるようなものであっても、それは実のところ、システム化されたチートイツ理論に基づくデジタル的な打ち方なのだという[5]

土田によるとトイツ手とシュンツ手は「二律背反する手筋」であり、「決して共存共栄できない構造になっている」。そこで、場面によっては「シュンツを切り裂く打牌」を行い、シュンツ手とトイツ手を天秤にかけることを拒絶することが重要となる[6]

例えば

                ツモ     ドラ  

という状況で を切り、チートイツのイーシャンテンを維持しつつシュンツ手をも視野に入れることが一見ベストに思えるが土田によると「少なくともチートイツのイーシャンテンになったわけだから、シュンツ手のリャンシャンテンまで視野に入れる必要はない」のであって、したがってシュンツを切り裂く形で を切ることが「基本的な手筋」となる[6]

土田は、シュンツを切り裂くことになる数牌が複数ある時は、トイツになりやすい牌(土田はこれを「トイツ濃度」という用語を用いて表現している)を残せばよいとする。土田によると最もトイツになりやすい(トイツ濃度が高い)のは一・九の牌とオタ風牌であり、以下二・八の牌と自風牌、四・六の牌と三元牌、五の牌と場風牌と続き、最もトイツになりにくい(トイツ濃度が低い)のは三・七の牌である[7]

筋トイツ・並びトイツ・跳びトイツ・二色トイツ編集

土田によると、その時のツキの良し悪しに応じて、筋トイツ・並びトイツ・跳びトイツ・二色トイツと呼ばれるトイツの配列が手牌の中に生じることがある[8]

筋トイツとは、例えば    という具合に、にあたる数牌のトイツを指す。

並びトイツとは、例えば    という具合にある色の隣り合った数牌がトイツとなっていることを指し、この場合他の色でも並びトイツが生じやすい。

跳びトイツとは、      のように、ある色で生じる三段跳びのような形、または        のように異なる色でできるカンチャンターツの組み合わせを指す。

二色トイツとは、    というようにある数の牌が二色でトイツになっている場合、他の数牌のトイツがあると、例えば  があると、それに対応する形で    のトイツが完成しやすい現象を指す。

土田によると、筋トイツはツキが良い時に、並びトイツはツキが悪くなり始めた時に、跳びトイツはツキが完全に離れてしまった時に、二色トイツは「上昇気流に乗っている時」に出現しやすい[8]

第1打に字牌を切らない編集

第1打に字牌を切らないことを信条としている。その理由について土田は、字牌の動きによってその局の収束する方向を見定めるためであると述べている[9]

孤立したドラは来ない編集

配牌でドラが対子になっていれば、そのまま七対子の構成に入れるが、ドラが配牌時に孤立していた時は、黙聴をとる場合は残す場合もあるが、特に負けている場合、立直を賭けると決めて臨む場合は、「自分にはドラは来ない」、「ドラは役不足」として切る事を信条にしており、セオリーとしてドラ単騎立直を賭けると考える実況・解説陣の驚きは隠せない。その典型的な例としては、第4回名人戦において、7巡目、七対子の一向聴でドラの東を切ると、15巡目に五萬単騎でリーチを打ち、一発でツモあがっている[10]。 ちなみに面白い人でもある。

改名編集

土田はプロとなって5年目の春に本名の「興司」から「浩翔」へ改名している。土田によると、タイトル戦でなかなか優勝できずにいた中、師匠の仲澤青龍から紹介された姓名判断師に、「興司」という名を「いつも2番手で終わる名前」と評され、「青希」と「浩翔」を提示された。土田は後者を選択し、その翌年に第2回プログランプリを優勝、タイトル戦初勝利を収めた[11]

獲得タイトル編集

出演編集

著書編集

出典編集

  1. ^ 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) p.152
  2. ^ 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) pp.9-12
  3. ^ 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) pp.14-16
  4. ^ 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) pp.14-17
  5. ^ 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) p.18
  6. ^ a b 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) pp.110-112
  7. ^ 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) pp.114-115
  8. ^ a b 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) pp.112-114
  9. ^ 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) pp.160-164
  10. ^ 2014年度、MONDOTV『名人かく語りき記憶の一局 土田浩翔編』で語っている
  11. ^ 「麻雀が強くなるトイツ理論」(2005年 毎日コミュニケーションズ) pp.20・134

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集