在原 遠瞻(ありわら の とおみ、生年不明 - 仁和3年6月29日887年7月23日))は、平安時代前期の官人中納言在原行平の子。官位正六位上右近衛少監

経歴編集

光孝朝にて正六位上右近衛少監官位にあったが、仁和3年(887年)6月25日に父行平の鴨河の辺の邸宅に滞在していた際、落雷より没した。

子孫を大谷氏とし、大谷吉隆(吉継)に繋げる系図がある[1]

官歴編集

日本三代実録』による。

脚注編集

  1. ^ 「大谷氏系図」(『姓氏家系大辞典』1209頁)

参考文献編集

  • 経済雑誌社 編 『国史大系 第4巻 日本三代実録』 経済雑誌社、1901年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991094 
  • 阿部猛 『日本古代人名辞典』 東京堂出版、2009年。ISBN 4490107617 
  • 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年