メインメニューを開く

地下家伝(じげかでん:地下家傳)は、江戸時代後期の天保年間に成立した、地下官人諸家の系図をまとめた書物。編者は北面武士であった三上景文

成立の過程編集

地下家伝については現在のところ詳しい研究が行われておらず、三上が編纂を志した動機や刊行までの詳しい過程など未解明な点が多い。三上が巻末に記した後書によれば、天保13年9月(1842年10月)に編纂を開始、1年半後の天保15年5月1日1844年6月16日)ごろには完成されている模様である。

正宗敦夫による出版編集

地下家伝は初版成立後、数回の改定・補遺を経て安政年間に最後の改訂が行われ、そう多くはないが写本が残されている。ただし、印刷ではなく毛筆によって写されたためか、写本によって誤字や欠落、巻構成の異同がある。

昭和13年(1938年)、国文学者の正宗敦夫がその当時残存していた写本を編集して出版したが、参考にした複数の写本の間にも文字の違いや巻構成の違いが見られた。正宗版の地下家伝で第31巻が欠番とされたのはそのためである。また、安政以降改定がなされなかったため、最後の改訂から明治維新で地下という身分が消滅した時点までの当主が判らないという欠点もある。

下橋敬長による補完編集

一方、正宗が出版した地下家伝とは別に、元一条家家臣の有職故実家である下橋敬長(しもはし ゆきおさ)により、地下家伝を元に独自に作成された続編である『地下官人家伝』が存在する。下橋は地下諸家の家系について明治年間、家によっては大正年間にまで追跡調査をしており、正宗版には記載されていない人物が相当量にわたり補完されている。この資料は現在京都府立総合資料館に収蔵されているが、刊本にはなっていない。

内容編集

地下家伝は、所属する官庁や摂家宮家門跡などの別に全33巻に分けられ、諸家の歴代当主の名前、父母の名、生没年月日、叙位・任官の履歴等を可能な限り記載している。正宗版によれば、各巻の構成は下記の通り。

関連項目編集