将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > 地下鉄飛車
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
地下鉄飛車

地下鉄飛車(ちかてつびしゃ)は、将棋の戦法の一つ。飛車を1段目に引いた後、端の香車を上げ、1九もしくは9九に飛車を転回して端攻めを狙う。1筋から9筋まで動く飛車を地下鉄に見立てて名づけられた。1段目に飛車を引いた状態を下段飛車と呼び、そこから端の香車を上げると地下鉄トンネルが開通したとみなされる。9筋に飛車を転回すると地下鉄飛車となり、単なる下段飛車を地下鉄飛車とは呼ばずに風車右玉と区別して用いる。

概要編集

主に振り飛車穴熊右玉に対する攻撃の戦法である。▲8五桂から飛車・角・左桂・左香を9三に集中して猛攻を加える。

穴熊囲いに対して特に有効とされ、玉将の退路がないことから一気に詰めることができる場合もある。また、相居飛車で相手が右玉を採用した場合、その玉に近い場所で攻撃を開始できる。

守備力に優れるが1段目の駒をほとんど2段目に移動させなければならないため手数がかかり、形も制限される。このため、それほど用いられる戦法ではない[1]

脚注編集

  1. ^ 原田泰夫 (監修)、荒木一郎 (プロデュース)、森内俊之ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 4-490-10660-2

参考文献編集

関連項目編集