地中温度(ちちゅうおんど、英語: soil temperature)とは、地表温度地中の温度などの総称であり[1]、単に地温(ちおん)とも呼ばれる[2]地球火山活動があることからも分かるように、地中の内部には、高温・高エネルギーの物体がある。地表面の温度は1日・1年を周期として変動するが、これに伴って周期的に地中の温度も変化する。地中の温度は、深くなるほど温度が上昇する。地表から約30kmまでの地殻内では、 100mの深さにつき、約2℃〜3℃ 、温度が上昇する。この温度上昇の割合を「地下増温率」という。地球の中心部の温度は、さまざまな理論から推定される結果によると、 4000℃〜5000℃ の高温であるが、推定値であり、直接の観測は出来ていない。この熱源のひとつは、ウラントリウムなどの放射性同位体の原子が壊れるときに発生する熱である。 もう一つの熱源は、地球の原始の時代に、地球ができるときに小惑星などとの衝突で発生した熱であり、まだ地中にその熱がたまっている。

脚注編集

  1. ^ 日本国語大辞典, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “地中温度(ちちゅうおんど)とは” (日本語). コトバンク. 2021年4月24日閲覧。
  2. ^ 日本国語大辞典,日本大百科全書(ニッポニカ), デジタル大辞泉,精選版. “地温(チオン)とは” (日本語). コトバンク. 2021年4月24日閲覧。

参考文献編集